【Kindleのある暮らし】眠くなるまで、エッセイを。質のいい睡眠のコツは、ブルーライトから目を守ることでした

【Kindleのある暮らし】眠くなるまで、エッセイを。質のいい睡眠のコツは、ブルーライトから目を守ることでした

暮らしをより良く

こんにちは!『今日も信仰は続く』をご覧いただきありがとうございます。桑原信司です。気軽に信ちゃん(@shin0329)って覚えてもらえたら嬉しいな。

もう1カ月以上経ちますが、電子書籍リーダーのKindleを購入してからは、その軽さと電池持ちの良さから毎日のように持ち歩いています。

出先で少し時間が空いたら、その度に読みすすめるというスタイルは、まとまった読書時間が取れない忙しい現代人にピッタリ。重宝しています。

最新モデルなら、防水なのでお風呂にも持ち込めますしね。今の時期は暑いのでやらないけど(笑) 冬になったら持ち込んでみようかな。

そして夜になれば枕元へ。僕がKindleを購入して一番良かったと感じているのは、「寝る前に読書をする習慣が身についた」ことですかね。

スポンサーリンク

ブルーライト・デトックスの効果

これまでは、寝る前に部屋を暗くしても、しばらくはスマートフォンでSNSをチェックしたり、YouTubeを見ていました。

しかしこの行為、目が疲れるというか、しょぼしょぼするんですよね。それを「あ、眠くなってきた」と思い込んでいたのですが、これは医学的には間違っていて、なんと睡眠の質を下げるそうです。

その原因は、スマホの画面から発せられるブルーライトの影響でした。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトとは / ブルーライト研究会
ブルーライトとは / ブルーライト研究会

このブルーライト、実は紫外線に近い強さをもつ光なんだそうです。僕も知らなかったのですが、今までノーガードで浴び続けてきたことにゾッとしてしましました。

ブルーライトとは / ブルーライト研究会

だからこそ、僕は寝る前にスマホをいじるのを止めて、代わりにブルーライトの出ないKindleで本を読むことにしました。

いわゆる「ブルーライト・デトックス」ですね。実際、眠くなるまでがグッと早くなりました。効果もしっかり実感できています。おすすめです。

眠くなるまで、1話ずつ。

寝る前に読書をするなら僕は「エッセイ」がおすすめ。

エッセイとは、自由な形式で、気軽に自分の意見などを述べた文章のことです。わかりやすく言えば、著者の「暮らしの1ページ」を綴った日記のようなもの。

「この人には、世界がこんなふうに見えているんだ。」

そんなリアルな他人の感性に触れていくと、

「なるほど、僕も明日からそうやって生きてみよう」

といったように、自分の世界も少し広がるような発見があります。読書をする、というよりはSNSを眺めるのと少し似ていますから、読書好きでない人も、きっと気軽に読めるでしょう。

また、数ページでサクッと読み終わるからこそ、眠くなってきたらすぐに閉じられるというメリットも大きいです。これが小説だとどうしても続きが気になってしまうし、かといってビジネス書だといろいろと考えてしまうでしょうからね。

寝る前の数話に、心磨かれて

他人の感性に触れて、自分の感性と比べてみる。

その全てに影響されるわけでも、妄信的に受け入れるわけでもないけど、「人との違い」を知ることは自分を見つめ直すことにも繋がります。

スマホでSNSをチェックしたり、ダラダラとYouTubeを見ていた頃よりも、センスや教養が磨かれたような気がするのは、きっとこの習慣のおかげ。

ブルーライト・デトックスの効果で、ぐっすり眠れるのもありがたいですね。翌日のパフォーマンスが全然違いますし、昼間も目が疲れにくくなりました。

Kindleを購入して、本当、良かったです。

以上、僕の「Kindleのある暮らし」でした。また、おすすめのエッセイがあったら紹介しますね。

それではっ!

【1カ月無料体験あり】Kindle Unlimitedはこちらから

あわせて読みたい

Kindleを手軽に持ち運びたいとき、サコッシュバッグはぴったりの形をしています。

小ぶりなバッグを探してた人は、良かったらこちらの記事も読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました