睡眠の質を上げるコツは「寝る前にkindleでエッセイを読む」こと!おすすめのエッセイ3選もご紹介します

睡眠の質を上げるコツは「寝る前にKindleでエッセイを読む」こと!おすすめのエッセイ3選もご紹介します

暮らしをより良く

こんにちは!『今日も信仰は続く』をご覧いただきありがとうございます。桑原信司です。気軽に信ちゃん(@shin0329)って覚えてもらえたら嬉しいな。

もう1カ月以上経ちますが、電子書籍リーダーのKindleを購入してからは、その軽さと電池持ちの良さから毎日のように持ち歩いています。

出先で少し時間が空いたら、その度に読みすすめるというスタイルは、まとまった読書時間が取れない忙しい現代人にピッタリ。僕も重宝しています!

最新モデルなら、防水なのでお風呂にも持ち込めますしね。今の時期は暑いのでやらないけど(笑) 冬になったら持ち込んでみようかな?

そして夜になれば枕元へ。僕がKindleを購入して一番良かったと感じているのは、「寝る前に読書をする習慣が身についた」ことですかね。

スポンサーリンク

就寝前の読書がおすすめな理由

Kindleを買うまで、僕が寝る前にすることといえば SNS や YouTube の閲覧でした。

しかしこの行為、目が疲れるというか、しょぼしょぼするんですよね。それを「あ、眠くなってきた」と思い込んでいたのですが、これは医学的には間違っていて、なんと睡眠の質を下げるそうです。

その原因は、スマホの画面から発せられるブルーライトの影響でした。

ブルーライトの危険性

このブルーライト、実は紫外線に近い強さをもつ光なんだとか(!)

僕も知らなかったのですが、今までずっとノーガードで浴び続けてきたことにゾッとしてしましました。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトとは / ブルーライト研究会
ブルーライトとは / ブルーライト研究会
ブルーライトとは / ブルーライト研究会

たしかにスマホやパソコンをずっと眺めていると、目の奥が痛くなることがありますが、網膜へのダメージだったんですね。

Kindleは目に優しい

だからこそ、僕は寝る前にスマホをいじるのを止めて、代わりにブルーライトの出ない Kindle で本を読むことにしました。

信ちゃん
信ちゃん

ブルーライト・デトックス」ってやつですね!

実際、眠くなるまでがグッと早くなりましたし、目の奥の痛みもなくなってきました。

就寝前なら「エッセイ」がおすすめ

ちなみに寝る前の読書を楽しむなら、僕は「エッセイ集」をおすすめしています。

エッセイとは、だいたい 2 ~ 4 ページでおさまるような短さで、筆者が思っていることを自由に表現した文章のこと。

笑いを誘うものもあれば、感動してしまうものや学術的なものなど、ジャンルは人それぞれです。

文章の形式に捉われず、書き手の思ったことや感じたことを、そのまま文章にしたものがエッセイです。

著者の「心」や内面の世界に焦点が当てられているのが特徴です。

エッセイとは何か|出版TIMES
信ちゃん
信ちゃん

自分以外の人たちのリアルな感性や心の中を知れるのは、なんだか SNS を見ているみたいで面白いですよ!

また、数ページでサクッと読み終わるからこそ、眠くなってきたらすぐに閉じられるというメリットも大きいです。

これが小説だとどうしても続きが気になってしまうし、かといってビジネス書だといろいろと考えてしまうでしょうからね。

おすすめのエッセイ集

せっかくなので、僕が読んだもののなかから「これはおすすめできる!」と感じたエッセイ集を3つ紹介しますね!

星野源『そして生活はつづく』

(あれ?どこかで見かけたことのあるタイトルだなぁ…?)

星野源さんといえば、国民的俳優でありながら、シンガーソングライターとしても有名ですよね。 ジャズやブラックミュージックを日本のポップスに落とし込む音楽センスは素晴らしい。

しかし、それだけではありません。イケメンで歌もうまく作詞作曲もできて俳優もできて下ネタもオッケー!な彼ですが、なんと文筆家としての引き出しもあるんです。スペックホルダー過ぎる。

「何気ない日常」の中には「何気ない日常」しかない。素晴らしいものなんてない。その中から素晴らしさ、おもしろさを見いだすには、努力と根性がいります。

黙ってても日常は面白くなってはくれない。見つめ直し、向き合って、物事を拡大し新しい解釈を加えて日常を改めて制作していかなきゃならない。

毎日をおもしろくするのは自分自身だし、それをやるには必死にならなきゃ何の意味もない。

つまり、一生懸命生きなきゃ毎日はおもしろくないってことだ。

星野源『そして生活はつづく』

毎日を一生懸命生きる、簡単なようで難しいライフスタイルですが、才能に富む彼とこの本を見ていると、それらを裏付けるのは積み重ねてきた努力と経験だということがよくわかります。

信ちゃん
信ちゃん

くだらない話もたくさん登場するけどね!笑

河合隼雄『こころの処方箋』

これは大学時代に教授に薦められた本で、著者は日本の心理学をリードした河合隼雄先生。

僕は宗教家として、どこかで「人の心が少しでも理解できたらいいのにな」なんて考えていたのですが…

この本は「それは全くの見当違いだ」ということを教えてくれます。

1.人の心などわかるはずがない

 臨床心理学などということを専門にしていると、他人の心がすぐにわかるのではないか、とよく言われる。私に会うとすぐに心の中のことを見すかされそうで怖い、とまで言う人もある。確かに私は臨床心理学の専門家であるし、人の心ということを相手にしてきた人間である。しかし、実のところは、一般の予想とは反対に、私は人の心などわかるはずがないと思っているのである。

河合隼雄『こころの処方箋』

この主張は、本書の中で何度も繰り返されています。

ただ、「だから心理学なんて勉強したところで…」と批判されるわけではなく、むしろ「心」がもつ未知の可能性に注目し、それを尊重する大切さを教えてくれる内容になっています。

人は誰もが「創造性」を持って生きている、と河合先生は言います。

先ほどの星野源さんの「日常を改めて製作する」というアイディアに通じる部分だと思うのですが、クライアントが誰のものでもない「自分の人生の物語」を創造していくことを願う、優しい河合先生の姿勢には学ぶところがたくさんあります。

小林正観『ありがとうの神様』

これは心学研究家のベストセラー作家、小林正観さんの考え方を一冊にまとめた集大成的な本。

筆者は唯物論者ですが、「ありがとうの神様」については「どうも存在するらしい」と認めており、そこらの宗教家よりよっぽどスピリチュアルな熱量が高いです(笑)

朝起きて、ベッドから降りる前に

「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう……」

と、100回言ったとします。

すると脳は、「不安定な状態」になります。「ありがとう」を言いたくなるような現象が起きているわけではないのに、「どうして『ありがとう』なのか」がわからないからです。

そして、合理的な理由や説明がないと不安定になって、「ありがとう」の理由を探そうとします。

「天気がよくて、嬉しい」

「朝ご飯がおいしそうで、嬉しい」

「お味噌汁に豆腐が入っていて、嬉しい」

と、目にするものに対して、「ありがとう探し」をはじめます。

どうやら、先に「ありがとう」を100個言っておくと、「ありがとう」の現象がないのに、現象を一所懸命探そうとするようです。

反対に、朝起きたときに、「つらい」「悲しい」「苦しい」「つまらない」「嫌だ」と20回言ったとします。すると脳は、今度も合理的な理由を探しはじめます。

「どうして今日は雲ひとつないんだ。暑くてしかたがないじゃないか」

「頼んでもいないのに、朝ご飯が用意されている」

「お味噌汁の具はどうして豆腐なんだ。ワカメのほうがいい」

と、あらゆるものに、「つらい」「悲しい」「苦しい」「つまらない」「嫌だ」の原因探しがはじまります。

「ありがとう」と言いたくなるような現象が起きていなくても、まず、「ありがとう」を言う。すると、「ありがとう」を言った数だけ、「ありがとう」の原因を探し出すことになります。

ということは、1日中「ありがとう」と言っていれば、脳はずっと「ありがとう探し」をするわけですから、「ありがとう」に満ちあふれながら1日を終えることができるでしょう。

小林正観『ありがとうの神様』

こんなかんじで、本書ではいたって真剣に「ありがとうの神様」の布教活動が繰り広げられています。

ところどころ「そんなバカなw」とツッコミを入れたくなる「ありがとうの神様」の教えですが、なぜかグイグイ引き込まれてしまう魅力があるんですよね。それくらい、読んでいて楽しい発見のある本です(笑)

眠くなるまで、エッセイを

他人の感性に触れて、自分の感性と比べてみる。

その全てに影響されるわけでも、妄信的に受け入れるわけでもないけど、「人との違い」を知ることは自分を見つめ直すことにも繋がります。

スマホでSNSをチェックしたり、ダラダラとYouTubeを見ていた頃よりも、センスや教養が磨かれたような気がするのは、きっとこの習慣のおかげ。

ブルーライト・デトックスの効果で、ぐっすり眠れるのもありがたいですね。翌日のパフォーマンスが全然違いますし、昼間も目が疲れにくくなりました。

Kindleを購入して、本当、良かったです。

以上、僕の「Kindleのある暮らし」でした。また、おすすめのエッセイがあったら紹介しますね。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。信ちゃん(@shin0329)でした!

【1カ月無料体験あり】Kindle Unlimitedはこちらから

タイトルとURLをコピーしました