河合隼雄『こころの処方箋』より紐解く、自分を押し殺して生きる人が「上手くいかない」理由について

「自分ゾンビ」に気をつけて!いつも自分を押し殺してしまう人に読んでほしい『こころの処方箋』の一文

暮らしをより良く

あの日の自分に、ちゃんと謝ろう。

こんにちは!『今日も信仰は続く』を見ていただいてありがとうございます。桑原信司(@shin0329)です。

信ちゃん
信ちゃん

気軽に信ちゃん、って覚えてくれたら嬉しいな~!

僕は昔からよく「真面目だよね」と言われるタイプの人間です。先生や上司の言うことを聞いて、決められたルールに従い、親の期待通りに生きることが「いいこと」だと信じて疑わなかったし、今でもどこかでそう思っている節があります。

なんにでも「こうあるべきだ」「これが常識だ」という固定概念の枠の中で考えようしがちで、「あなたは自由にしていいのよ」という優しい助言も、どこか無責任な感じがして苦手でした。

けど、そんな僕の凝り固まったこころを、フッと軽くしてくれた本があります。それが今回ご紹介したい河合隼雄先生の『こころの処方箋』。

ずっと「こうあるべき」という固定概念に縛られ続けていた僕を救ってくれた、魔法みたいな本。今日はそのなかでもとくに僕が心打たれた「己を殺して他人を殺す」というパートについてお話していきますね。

スポンサーリンク

河合隼雄『こころの処方箋』

はじめに、今回取り上げる『こころの処方箋』について、もう少し詳しくご紹介させてください。

著者は臨床心理学の第一人者で京都大名誉教授、元文化庁長官の河合隼雄(かわい・はやお)先生。僕の母校である天理大学でも教鞭を執られていました。

実際にお会いすることはできなかったのですが、僕の恩師である宗教学者の澤井義次先生が「河合隼雄先生の本は読んでおきなさい」とおすすめされていたのが印象的で、それがきっかけで本書を手に取りました。

内容はとにかく読みやすい短編集。1回4ページの短いエッセイ的な「こころの処方箋」を55篇を集めた本になります。

僕はkindle版を購入して、毎晩寝る前に数話ずつ読んでいました。どこを開いても河合隼雄先生の優しさに包み込まれてしまうような、素敵な本です。

11.己を殺して他人を殺す

失敗,落とし穴

このエピソードで登場するのは、幼いときから他人の言うことをよく聞き、自分のやりたいことや言いたいことは後まわしにして、「自分を押し殺して」生きてきた女性。

信ちゃん
信ちゃん

僕と同じじゃないか…!

彼女は、高校生くらいまでは「大人しくていい子」と評判だったそうなのですが、社会に出てしばらくすると、どうやら自分は嫌われているということに気がついてしまいます。

そこで、悩んだあげくカウンセリングを受けに来たそうなのですが、このカウンセリングを通して、彼女は次のことに気がつくことができたそうです。

それが「あのとき押し殺したはずの自分は、まだ死んではいなかった」ということ。

つまり、彼女の人生を生きづらくしている犯人は、他の誰でもない「押し殺したはずの自分」だったのです。

「自分ゾンビ」に気をつけて!

この女性とのやりとりをふまえて、河合先生はこのように説明しています。

「己を殺す」と言っても、やはり自分は生きているのだから、自分を殺し切ることなど出来たものではない。言うならば、己の一部を殺すわけであるが、面白いことに、その殺された部分は何らかの形で再生してくるようである。あるいは、殺したつもりでも、半殺しの状態でうめいているかもしれない。とすると、このように、本人の気づかぬところで、急に動き出すこともあるはずである。

(略)

彼女に言わせると、いつも辛抱して生きているので、時にはたまらなくなって、少しくらい休んだり、息抜きしたりしても当然ではないか、ということになるが、そのタイミングは、もっとも不適切だ、ということになる。これは、彼女のなかで殺されたものが、生き返ってきて、復讐しているようなもので、こんなときは、見事に他人を殺すこともあるのである。

河合隼雄『こころの処方箋』より引用

そうなんですよね。人は誰でも我慢を重ねれば限界がくるし、それがわかっている人はどこかでガス抜きをしようとするんだけれども。

それはなぜか周囲の人にとって「えぇ…今さらかよ…」と感じさせる言動となってしまうのだそうです。

それはやはり「自分を押し殺しきれなかった」から。あの日大切にしてあげられなかった自分や、周りのために押し殺してしまった自分は、

「本当はもっと自分を認めて欲しかった」

「本当は自分の意見も聞いて欲しかった」

「本当はあのときすごく嫌な気持ちだった」

という感情を残したまま、今も生きている。あなたの背中を今でも追い続けているのです。

「自分ゾンビ」の対処は難しい

では、この「自分ゾンビ」を生み出さないためには、どうすればいいのでしょうか?

河合先生は「己を生かすことに努力すべきだということになろう」と推測されています。ただ、「己を活かす」ということも存外難しい、ということも合わせて指摘されています。

たしかに、それまで自分を押し殺してきた人が、「自分ゾンビ」を生み出してしまうからと言って、急に自分のしたいことばかり優先させても、それはそれで嫌われてしまいそうですもんね。

河合隼雄先生は、必ずしも「自分を押し殺す=絶対悪」ではないとして、このお話を終えられています。この読者が考える余白を残してお話を終えるのが『こころの処方箋』の特徴。

ということで、ここからは僕の見解を少し述べさせていただきます。

他人のために、己を活かそう

では、結局のところどうすればいいのか。この答えを、僕は信仰者らしく教理に求めてみたいと思います。

僕が信仰している天理教では「人と人は兄弟のように仲良く、困ったときには助けあって暮らしていける」のが理想の世界だと教えられます。

自分以外の人と仲良く過ごせている日々に何とも言えない幸せを感じるのは、誰かの役に立つことで、他人から感謝をされると嬉しく感じるのは、「もともと人間はそうやって過ごすために生まれてきた」から。

であれば、友人と仲良く過ごし、助け合って生きていく姿は、人間本来の生きる意味を輝かせる行為だと言えるでしょう。

だからこそ「他人のために己を生かす」。それは我慢を重ねるわけでもなく、かといって自分のやりたいことに打ち込むのとも少し違う、お互いの力を引き出しあって、たすけあうライフスタイルです。

天理教は「人助けたら我が身助かる」の教え

わかるよふむねのうちよりしやんせよ 人たすけたらわがみたすかる

『おふでさき』(三 47)

人助けたら、我が身が助かる。その原理をきちんと理解できるように、胸の内よりしっかりと考えてごらんなさいという意味のこの教え。

僕が天理教の教えの中でもとくに好きな教えです。これをこの先も大切にして、「他人のために己を活かす」人生を歩んでいきたいなと思います。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。信ちゃん(@shin0329)でした!

あわせて読みたい

日本における臨床心理士の礎となった河合隼雄先生は、後の臨床心理士にも大きな影響を与えます。

『居るのはつらいよ』の著者・東畑開人先生もその1人。臨床心理学を現場で実践することがなによりも大切だと考え、はるばる沖縄のデイケアセンターに就職し、そこでの日々のなかから見つけ出した「ケアとセラピーの違い」について書かれた本書は必読です。

まだ読んだことのない方、ぜひ読んでみて下さい。

それともう1冊。「人助けたら我が身助かる」の教えについて考える時に、非常に参考になる『世界を変えるSHIEN学~力を引き出しあう働き方~』もご紹介しましょう。

時代は今、たすけあい社会に向かって大きく舵を切ろうとしています。その先駆けとなった日産自動車の「奇跡のV字回復」を支えた、新時代のチームワーク・メソッドのお話。ぜひ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました