今日も信仰は続く | ページ 2 | 『今日も信仰は続く』

今日も信仰は続く

今日も信仰は続く

【ボランティアとどう違う?】天理教の「ひのきしん」について、わかりやすく。

天理教を信仰していて、いちばんよく聞かされる教えとして「ひのきしん」があります。よく「まぁボランティアみたいなものですよ」というかんたんな説明がされますが、一度しっかりとご説明したいな、と思って書きました。ひのきしんとボランティアの決定的な違いとは…?
2020.07.22
今日も信仰は続く

天理教の朝夕のおつとめについて、わかりやすく。【太鼓がうるさいのは、ホントにごめんなさい】

いやぁホント、申し訳ないっす。 こんにちは!『今日も信仰は続く』にお越しいただきありがとうございます。桑原信司(@shin0329)です。 信ちゃん 気軽に「信ちゃん」って覚えてもらえたら嬉しいな~! 今日は、全国にある天理教の教会が毎日執り行う「おつとめ」という祭事について、わかりやすく解説しま...
2020.07.09
今日も信仰は続く

”早起き”との違いは、そこに「貢献感」があるかどうか|天理教の「朝起き」について、わかりやすく。

「朝起き」とは「朝さっと起きてすぐに行動することだ!」と倫理会で聞いたことがありますが、本当にそれだけ…?と感じましたので、教義からのアプローチで探ってみました。私見ですが、やっとすんなりと心に治めることができたと思います。
2020.07.09
今日も信仰は続く

【#これが私の信仰のある暮らし04 妹尾 智昭さん】ドナーになって骨髄を提供したのは、「人助け」の教えを信じているから。

第4回目となった今回は、骨髄バンクにドナー登録し、実際に提供手術を受けた妹尾智昭さんの「信仰のある暮らし」を紹介します。なぜ骨髄バンクに登録しようと思ったのか、実際に提供してどうだったか…などを聞いてきました!
2020.09.16
今日も信仰は続く

「癖・性分」をとって、ありのままを受け入れられる大きな「心の器」を形成しよう|天理教の「癖・性分」について

「やさしい心になりなされや。人を救けなされや。癖、性分を取りなされや」と言う教え。優しい心や人を助けることが大切なのはわかるけど…という人に向けて、僕なりの「癖・性分」論を講じます。
2020.07.09
今日も信仰は続く

【後編】宗教家コラムニストがデータで客観視する「リアルな天理教」

今回の記事は「天理教のリアル」を、政府統計などの様々なデータを駆使して浮かび上がらせてみよう、という試みで宗教コラムニストのはかせさんに寄稿して頂きました。信仰している人も、そうでない人も、必見です。
2021.02.09
今日も信仰は続く

【前編】宗教家コラムニストがデータで客観視する「リアルな天理教」

今回の記事は「天理教のリアル」を、政府統計などの様々なデータを駆使して浮かび上がらせてみよう、という試みで宗教コラムニストのはかせさんに寄稿して頂きました。信仰している人も、そうでない人も、必見です。
2021.02.09
今日も信仰は続く

【ガチで考察】天理教の「陽気ぐらし」について、原典を手がかりに紐解いてみた

天理教の「陽気ぐらし」について、その本質を原典に求めて書いてみました。ある程度天理教の知識がある人向けです。
2020.08.19
今日も信仰は続く

僕には帰る場所がある、いつでも「おかえりなさい」が待っている│天理教の聖地「おぢば」について

奈良県天理市にある天理教本部神殿は、信者・未信者に関わらず24時間365日いつでも参拝OK!という、ちょっと変わった聖地。ここでは信仰者にとってどういう場所なのかを、かんたんに解説します。
2021.02.09
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました