天理教とは?かんたんに、わかりやすく説明します。 | 『今日も信仰は続く』

天理教について、かんたんに。

みなさんはじめまして。当ブログ『今日も信仰は続く』を運営している桑原信司(@shin0329)です。

信ちゃん
信ちゃん

気軽に信ちゃん、って覚えてもらえたら嬉しいな~!

このページでは、僕が信仰している「天理教」について、なるべく簡単にまとめておこうと思います。

知っている人はもちろん、知らなかった人も、この記事を読めば「天理教ってどんな宗教なの?」という疑問は解決できるはず。

それではいきましょう!

スポンサーリンク

天理教の神様は?教祖はどんな人?

天理教教会本部(西礼拝場)

天理教が信仰している神様は、そのお名前を「天理王命(てんりおうのみこと)」といいます。

この神様は、世界と人類を創造した「元始まりの神様」で、今も人間を守護し続けている「親なる神様」です。

ですから、僕たち信仰者は親しみを込めて「親神様(おやがみさま)」とお呼びしています。

天理教の成立は1838年。江戸時代の終わりごろですね。

今の奈良県天理市に住んでいた、中山みきという農家の女性がこの親神様の啓示を受け、天理教は始められました。

僕たち信仰者は、教祖である 中山みき様 のことを、親神様と同様に親しみを込めて「おやさま」とお呼びしています。

神様や教祖様のことを「親しみを込めて別の名前でお呼びする」のは、天理教の特徴の1つかもしれませんね。

天理教の聖地「おぢば」について

出典:天理教公式HP はじめての方へ

天理教の聖地は、奈良県天理市にあり、僕たち信仰者は「おぢば」と呼んでいます。

全国的にも珍しい、宗教が地名に影響を与えた街ですね。アクセスについては天理市の公式HPが詳しいので、どうぞご覧ください。

ちなみになぜ聖地が奈良県天理市にあるのかというと、ここにははるか昔、親神様による「人間創造の舞台」となった地点(おぢば)があるからです。

ですから、ここは人類の共通の故郷。天理市に来た人への声掛けも「いらっしゃい」ではなく「ようこそおかえり」となります。

僕たち信仰者にとって、心が落ち着く大好きな場所。そんな「おぢば」については、こちらの記事にわかりやすくまとめましたので、ぜひご覧ください。

天理教の本部神殿について

その「おぢば」と呼ばれる地点には、「かんろだい」と呼ばれる六角の柱が目印として建てられています。

そして、その「かんろだい」をグルっと囲むようにして建てられたのが、天理教の本部神殿。

天理教の本部神殿(南礼拝場)

僕もたまに案内を頼まれることがありますが、初めてご案内した方はみんな神殿の大きさに驚かれますね(笑)

いつかぜひ、このブログを読んでくださっている方もご案内させていただけたらな~と思いつつ、今日はこちらの素敵なブログをご紹介したいと思います。

筆者の方は天理教ではないのですが、建物物マニアということで、天理教の本部神殿についてとてもわかりやすく解説されています。ぜひチェックしてみてください!

さて、肝心の見学についてです。見学は24時間、365日いつでも可能(夜間は南礼拝場のみ)。もちろん入場無料で記帳の必要もありません。「信者でもない自分が入ってホントに大丈夫?」というのが一番の気がかりだと思いますが、その点も心配なし。

天理教的には、人間はすべて親神様の子ども。“ぢば”は人類発祥の地という考え。だから「いつでも誰でもウェルカム」(←案内を頼んだ人が実際仰っていた)であり「ようこそおかえり」なのです。

天理教の本部神殿を見学。そこにあるのは3157畳の大空間と祈りの場

この方が書かれているように、天理教教会本部の特徴としては、

  • 神殿は24時間開放(夜間は南礼拝場のみ)
  • 拝観料は無料
  • 拝観の手続きも必要ナシ

が挙げられるでしょう。ようするに「いつでも・だれでも」参拝できるのが、他の宗教施設と比べても珍しい天理教本部神殿の大きな特徴です。

敷地内にインフォメーションセンターもありますから、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいね~!

↓Googleマップで確認してみる↓

天理教の教えについて

さて、ここからは天理教の教えについて、僕なりにザックリ解説します!

教えのポイントは大きく2つあって、①陽気ぐらしを目差していることと、②人間同士は兄弟であること が重要視されています。

以下にザックリ解説します。それではいきましょう!

Q1. 天理教って結局、なにを目指しているの?

天理教が目指しているのは、「陽気ぐらし世界の実現」です。

これはザックリ説明すると「人間同士が仲良くたすけあって暮らす社会の実現」ということになります。

チームワーク、手

たまに「ようするに世界平和ってことだよね?」と聞かれたりもしますが…僕にとって「陽気ぐらし世界」とは、世界平和のさらに先にあるパラダイム(社会的な価値観)だと思っています。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Q2. なんで人間同士は仲良くたすけあわなくちゃダメなの?

仲良くたすけあう社会を実現することは、かんたんなことではありません。それでもなお、天理教では人間同士が仲良くたすけあって生きることの重要性を説きます。

それはなぜか? 天理教では、

「人類は誰もが等しく親神様の子供なのだから、人間同士はみな兄弟姉妹なんだよ」

と教えられるからです。

人間は誰もが神様の子供。だから人間は兄弟姉妹。

なので僕とあなたも、もちろん兄弟です。僕が弟になるのか、それともお兄ちゃんになるかはわかりませんが。笑

ですから喧嘩することはあっても、それが差別やいじめになってはいけません。だって、親である神様が悲しむから。

兄弟同士で、仲良くたすけあう社会。これが親である神様が描く理想世界であり、子供である僕たち人間に共通した理念になります。

【まとめ】天理教の教えとは

天理教の教えを一言でまとめるなら、人間同士はみんな「兄弟」で、そんな兄弟同士が仲良くたすけあって暮らす「陽気ぐらし」世界を実現させることの大切さを説いた教え、ということになりますね。

そして、そんな天理教の信仰者である僕は、この理想の社会を少しでも実現させていくために、まずは次のことを大切にしています。

それは人に優しく、思いやりに溢れた心で日々を過ごすこと。

だって「差別なく、仲良くたすけあう世界」を実現させるためには、まずは僕から「差別をしない、親しみやすく、思いやりのある人間」でいなくちゃいけません。

どの口が言ってんだ、ってなりますから(笑)

詳しくは、ブログにて

さて、タイトルにも「かんたんに」と言っていたので、天理教の説明はこのくらいで終わりたいと思います。もっと知りたくなってきた方は、ぜひカテゴリー「天理教の教え」をご覧ください。

本日は見てくださって、どうもありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いします!

最後に、僕のこれまでの人生と「信仰」について振り返った記事をご紹介します。

僕はなぜ信仰をしようと思ったのか? 素直に全部書きました。

お時間があれば、読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました