天理教とはどんな宗教?かんたんに、わかりやすく解説します。

天理教について、かんたんに。

こんにちは!『今日も信仰は続く』を見ていただいてありがとうございます。桑原信司(@shin0329)です。

信ちゃん
信ちゃん

気軽に信ちゃん、って覚えてくれたら嬉しいな~!

このページでは、僕が信仰している「天理教」について、なるべく簡単にまとめておこうと思います。

知っている人はもちろん、知らなかった人も、この記事を読めば「天理教ってどんな宗教なの?」という疑問はある程度解決できるはず。

それではいきましょう!

スポンサーリンク

天理教の神様は?教祖はどんな人?

天理教が始まったのは、今からおよそ200年ほど前(1838年)。

ちょうど江戸時代の終わりごろ、いわゆる「幕末」の時代ですね。

このとき、現在の奈良県天理市に住んでいた「中山みき」という農家の女性が神がかりにあって、その教えを伝え広めてたことから天理教は始まりました。

その神様のお名前は「天理王命(てんりおうのみこと)」といいます。

奈良県天理市の「おぢば」とは

天理教の聖地は奈良県天理市にあります。全国的にも珍しい、宗教が地名に影響を与えた街ですね。

僕たち信仰者は、この聖地を「おぢば」と呼んでいます。漢字にすると「御地場」。

ここは遠い昔、親神様による「人間と世界を産出した地点」となった地点だと教えられているからです。

ですから、ここは人類共通の「ふるさと」。今でも帰参者への声掛けは「いらっしゃいませ」ではなく「ようこそおかえり」となっています。

僕たち信仰者にとって、心が落ち着く大切な場所。そんな「おぢば」については、こちらの記事にわかりやすくまとめましたので、ぜひご覧ください。

↓ Googleマップで確認してみる ↓

天理教の教えについて

さて、ここからは天理教の教えについて、僕なりにザックリ解説します!

教えのポイントは大きく2つ。

  1. この世で仲良くたすけあって暮らすこと
  2. 世界中の人間は兄弟であること

以下にザックリ解説します。それではいきましょう!

目指しているのは「陽気ぐらし世界の実現」

天理教が掲げているミッションは「陽気ぐらし世界の実現」。みんなで仲良くたすけあって暮らせるような社会を作っていこう、ということです。

この「社会をつくる」というところがポイント。いわゆる「天国」や「極楽」といった死後の別世界ではなく、あくまで「この世」の変革を目指しているという部分ですね。

ちなみに天理教では、死後の世界についてはほとんど説かれません。詳しくはこちらの記事で。

調和によって成り立つ世界で

ドイツのライプニッツという哲学者は「この宇宙にあるもの全ては、最善の状態になるように神によって予め定められている」と考えました(予定調和の原理)。

「この世のすべては調和、つまりたすけあいによって成立している」

これがこの世の絶対的なルール、つまり「理 (ことわり)」であり、それを神様が人間に教えるというスタンスで説かれたのが天理教の教えだと思います。

人と人が、互いにたすけあって生きていける社会。それこそが人間社会の原理であり、天理教が目指すべき地点となります。

信ちゃん
信ちゃん

「陽気ぐらし」に関しては、以下の記事をご覧ください!

「兄弟」の縁で繋がっていこう

しかし実際に、人と人とが仲良くたすけあう社会を実現することは、そうかんたんなことではありません。今でも毎日、胸が痛くなるような事件がニュースやSNSを通じて目に入ってきます。

それでも、天理教では「人間同士が仲良くたすけあって生きることの重要性」を強く説かれ続けています。

なぜなら「人類は誰もが等しく親神様の子供なのだから、人間同士はみな兄弟姉妹なんだよ」という教えがあるからです。

【まとめ】天理教の教えとは

人間同士はみんな「兄弟」なんだという認識で、困っている人には積極的に手助けをし、その後も仲良くたすけあって暮らす社会。

これが天理教が掲げる「陽気ぐらし世界の実現」であり、人間本来の「理」に則った、つまり神様が良しとされるライフスタイル。

これを体系化してまとめたのが天理教の教えだと思います。

僕の「信仰のある暮らし」

そんな天理教の信仰者である僕も、この「陽気ぐらし」という理想の社会を少しでも実現させていくために、まずは次のことを大切にしています。

それは人に優しく、思いやりに溢れた心で日々を過ごすこと。

小さいことかもしれませんが、こうした日々の小さな意識改革が人生を大きく変えていくだろうし、それはやがて地域社会や周囲の人たちにも影響を与えていくと信じています。

そんな僕の信仰者としての足跡を残したいと思って、このブログはスタートしました。これからもたまに見に来てくださったら嬉しいです!

詳しくは、ブログにて

さて、タイトルにも「かんたんに」と言っていたので、天理教の説明はこのくらいで終わりたいと思います。もっと知りたくなってきた方は、ぜひカテゴリー「天理教の教え」をご覧ください。

本日は見てくださって、どうもありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました