天理教の「かしもの・かりもの」について、シンプルにわかりやすく。

僕らはみんなパイロット。身体は神様から与えられた「心の乗り物」だから|かしもの・かりもの

信仰のある暮らし

こんにちは!『今日も信仰は続く』を見てくださってありがとうございます。桑原信司です。

気軽に信ちゃん(@sh1n0329)って覚えてくれたら嬉しいな。

あなたには小さい頃から夢見ているものって、ありますか?

僕は昔から「パイロット」に強い憧れがありました。きっと、男の子ならだれもが一度は夢見る職業なんじゃないのかな。

自分よりも大きなマシンに搭乗して、果てしない大空を自由に飛べたらどんなに気持ちいいか、想像しただけでワクワクしますよね。

ですが、考えようによっては僕ら人間は総じて、この広い世界を自由に駆け回れる身体のパイロットじゃないかな?と、「かしもの・かりもの」の教えを通して気づいた話です。

スポンサーリンク

かしもの・かりものの教えとは

僕が信仰している天理教の教えを、詳しく説明しようとするとき、まず説かれる教理に「かしもの・かりもの」という教えがあります。これは天理教を信仰のすべての基礎、ベースとなるもので、最も大切な教えだとされています。

はじめにザックリ解説しちゃうと「人間の身体は神様から心の器として借りているもの」という教え。

もう少し、わかりやすく説明させていただきますね。

心と身体の「曖昧な関係」

たとえば、「あなたの身体を管理しているのは誰ですか?」と僕が質問をしたら、だれもが「私です。」と答えるでしょう。筋力をつけるためにトレーニングをしたり、ダイエットをするために食事制限をするのは、自分たちの意思ですからね。

しかし、この答えには大きな矛盾点があります。

それは、心臓を動かしたり、体温を一定に保ったり、食べたものを消化・吸収したりなどの生命維持活動は、自分の意志ではないという点。これらは自律神経によるもので、自分の意志に関係なく、寝ているときでさえ働いています。

つまり、心と体は「思うがままに動かせるけど、自分の意志でコントロールできない働きもたくさんある」という曖昧な関係になっていると言えるでしょう。

身体は「神様からの借り物」

この心と身体の曖昧な関係を「人間の身体は神様から心の器として借りている」と説いたのが「かしもの・かりもの」の教えです。

つまり、

  • 神様による御守護(あらゆる生命維持活動)
  • 人間の意志によるコントロール

このどちらも共存して働いているのが、僕たちの身体の「本質」だと教えてくれるわけです。

このように人間の身体は、神様から見たときは貸しているもの(かしもの)であり、逆に人間から見たときには借りているもの(かりもの)となります。

なので、この教えは「かしもの・かりもの」と呼ばれています。

僕らも「身体のパイロット」

さて、ここでパイロット(操縦士)のお話に戻しましょう。

彼らも、機体を思うがままにコントロールすることができますよね。アクセルを踏んで加速したり、ハンドルを回転させて方向転換したり。

ところが一方で、整備や修理、給油や機内清掃などはそれぞれのエンジニアに任せてしまうことがほとんどです。特に機体が大きく、複雑になればなるほど、パイロットは「操縦」に集中することが求められます。

この関係って、人間の心と身体の関係に似ているんですよね。

パイロットが無事にフライトできるよう、機体がエンジニアからありとあらゆる整備を受けているのと同じように、僕らの身体は24時間×365日、神様からありとあらゆる守護を受けて生かされています。

僕らがこの世界を、無事に生きていけるように。

ともすれば、生きていることを当たり前のように感じてしまいがちですから、僕はいつだってこの「神様の御守護と共存している」というパイロット感覚を、忘れないようにしたいなぁと、強く思っています。

今日も奇跡を、生きていく

星野源、というアーティストがいます。音楽活動だけでなく、俳優や執筆活動もこなすマルチタレントで、僕も大好きです。彼は本当に天才だと思います。

けど、2012年にくも膜下出血になり、開頭手術を受け、その後も闘病生活を送っておられたことは、実はあまり知られていません。

そんな日々を振り返り、書き留めたエッセイ『いのちの車窓から』には、こんなエピソードがあります。

体という乗り物を星野源という精神が操縦していることの奇跡の実感が、手術後はさらに明らかに、リアリティを持って湧いてくる。

窓の内側に意識が飛ぶ。俺のロボよ、俺の手足よ、どうか上手く動いておくれ。窓の外には勝手に喋り、勝手に動く役者の自分がいる。喋る自分を放っておいて、周りを見渡す。不思議だな、この前まで病院の天井を見ていたのに、今は1300人の客の前で大声で喋っている。

人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。

星野源『いのちの車窓から』より

「俺のロボよ、俺の手足よ、どうか上手く動いておくれ。」大病を乗り越えたからこそ見えてきた、心は体のパイロットであるという感覚。

自身の身体を機関車にたとえて、車窓の内側(こころ)から世界を見つめ直すと、生きていることがいかに奇跡の連続なのかがよくわかるという、素敵な感性で綴られたこの本が僕は大好きです。

さて、あなたの体は、どうでしたか?今日も上手く動いてくれました?

僕の体は、今日も上手く動いてくれました。見える、聞こえるはもちろん、冬の冷たい風に吹かれても、体温は36.5℃のままだったし、肺や心臓もまさにフル稼働。食べたものはエネルギーに変換されたし、その際には味覚や嗅覚で、僕の心を最高に楽しませてくれた!

あぁ、神様は、なんて行き届いた整備をしてくださっているんだろう!

だから、そんな奇跡のような「身体のパイロット」として、神様の期待に応えられるようなフライトをしていきたいんですよね。ひとりでも多くの人の役に立ち、勇気を与え、笑顔にしてあげられるような。

明日も元気に出発できたらいいな。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

あわせて読みたい

僕の人生をかけたフライトの、最終目的地がこちら。

人と人とが仲良くたすけあう社会、一緒に目指しませんか?

タイトルとURLをコピーしました