#わかりやすい天理教 | 『今日も信仰は続く』

#わかりやすい天理教

今日も信仰は続く

たとえどんな別れでも、僕は「また会いましょう」と告げる|天理教の死生観と「出直し」について、わかりやすく。

天理教では「亡くなる」ことを「出直し」と表現します。それはなぜかというと、生まれ変わりを信じているから。僕が人との出会いを大切にする理由も合わせて、わかりやすく解説してみました。
2020.07.10
今日も信仰は続く

【ボランティアとどう違う?】天理教の「ひのきしん」について、わかりやすく。

天理教を信仰していて、いちばんよく聞かされる教えとして「ひのきしん」があります。よく「まぁボランティアみたいなものですよ」というかんたんな説明がされますが、一度しっかりとご説明したいな、と思って書きました。ひのきしんとボランティアの決定的な違いとは…?
2020.07.22
今日も信仰は続く

キリスト教、イスラム教、仏教の禁忌(タブー)をまとめたら、天理教がいかにゆるいかがよくわかった

天理教を信仰していることを打ち明けるとよく聞かれるのが「天理教ってやっちゃいけないこと、ありますか…?」という質問。結論から言うと「ないです」となるのですが、せっかくなので世界三大宗教のキリスト教、イスラム教、仏教と比較してみました。
2020.07.09
今日も信仰は続く

天理教の朝夕のおつとめについて、わかりやすく。【太鼓がうるさいのは、ホントにごめんなさい】

いやぁホント、申し訳ないっす。 こんにちは!『今日も信仰は続く』にお越しいただきありがとうございます。桑原信司(@shin0329)です。 信ちゃん 気軽に「信ちゃん」って覚えてもらえたら嬉しいな~! 今日は、全国にある天理教の教会が毎日執り行う「おつとめ」という祭事について、わかりやすく解説しま...
2020.07.09
今日も信仰は続く

”早起き”との違いは、そこに「貢献感」があるかどうか|天理教の「朝起き」について、わかりやすく。

「朝起き」とは「朝さっと起きてすぐに行動することだ!」と倫理会で聞いたことがありますが、本当にそれだけ…?と感じましたので、教義からのアプローチで探ってみました。私見ですが、やっとすんなりと心に治めることができたと思います。
2020.07.09
今日も信仰は続く

「癖・性分」をとって、ありのままを受け入れられる大きな「心の器」を形成しよう|天理教の「癖・性分」について

「やさしい心になりなされや。人を救けなされや。癖、性分を取りなされや」と言う教え。優しい心や人を助けることが大切なのはわかるけど…という人に向けて、僕なりの「癖・性分」論を講じます。
2020.07.09
今日も信仰は続く

陰で働き、人を褒めまくる「積極的な正直」で生きていこうよ|天理教の「正直」について、わかりやすく。

厳しい社会の中で「正直であること」の難しさを痛感していましたが、おやさま(天理教の教祖)が仰せられている「正直」のニュアンスは、僕の「正直」と少し違うかもしれない、と気づいたのでシェアしたいと思います。
2020.07.09
今日も信仰は続く

この世界をまわりまわって、暮らしを彩る「はたらき」|天理教の「働き」について、わかりやすく。

2016年に「働き方改革」が提唱され、一億総活躍社会の実現に向けてさまざまな取り組みがはじまりました。この先増えていく「労働」のなかでも、はたはた(側にいる人たち)に楽をさせてあげられるような「働き」の心を大切にして、明日も誰かの笑顔を作っていきましょう。
2020.07.09
今日も信仰は続く

星野源に学ぶ「僕らは身体のパイロットである」という感覚|天理教の「かしもの・かりもの」について

男の子なら誰でも一度は「将来の夢」に数える「パイロット」という職業。もちろん誰にでもなれる職業ではありませんが、考えようによっては僕ら人間は総じて、この広い世界を自由に駆け回れる身体のパイロットじゃないかな、と信仰を通して気づいた話です。
2020.07.10
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました