【#今日も勉強は続く】天理教の「いんねん」について、仏教の「因縁」と比較して考察してみました

【#今日も勉強は続く】天理教の「いんねん」について、仏教の「因縁」と比較して考察してみました

信仰のある暮らし

こんにちは!『今日も信仰は続く』をご覧いただきありがとうございます。桑原信司です。

気軽に信ちゃん(@shin0329)って覚えてもらえたら嬉しいな。

前回、意外と好評だった「#今日も勉強は続く」のコーナー。今回は「いんねん」に触れていきたいと思います。

仏教でも、天理教でも説かれる「因縁」。それぞれを比べながら、考察していきましょう!

スポンサーリンク

Ⅰ.仏教における「因縁」

では、まず初めに、この「因縁」という概念のルーツである、仏教の教えから紐解いていきます。

「因縁」のルーツは「縁起」

今よりはるか昔、紀元前13世紀ごろのお話。

古代インドでは原始仏教(primitive Buddhism)が立教します。この原始仏教では「縁起」という教えを説きました。

縁起」とは、物事はがあるから生する、つまり全ての現象は原因や条件が相互に関係しあって成立している、という教えです。

この教えは、人生の悩みや苦しみから人々を救うために「苦」にフォーカスして説かれました。人はなににって苦しむのか?苦しみを生させるものはなんだ?といったふうに。

こうして、苦悩の根源を12種類に分析して系列化した「十二支縁起(十二因縁)」という教えが説かれるようになりました。ここで解説すると長くなるので、詳しくはWikipediaでどうぞ。笑

因縁=縁起+因果?

時は流れて、紀元前6世紀ごろ。インドでは「輪廻転生(生まれ変わり)」の思想が体系化されていきます。

これはもともと「前世で積んだ善因の結果は、前世を超えて今世にも及ぶ 」という教えでした。

しかし、次第に「因果応報」、つまり善悪関係なく過去・現在・未来の三世にわたって、自らの行いによる結果や報いは必ず受ける、という教えに変わっていきます。

そしてなんと、このタイミングで「縁起」の教えも「因果」の教えの影響を受けて変容していくのです。

本来は、苦を滅して解脱する為に説かれた「縁起」。これが、苦しい人生の原因は前世の自分の悪行に縁るものだと説く「因縁」へ変わっていくのです。

特に海を越えた日本では、それまでの先祖信仰の影響を受けて、この傾向がさらに強くなったのだとか。

近所のお寺の掲示板にて

こうして、特に日本では宿命論的な厳しさをともなう「因縁」の教えが説かれてきました。

Ⅱ.天理教における「いんねん」

さて、同じように「いんねん(天理教ではひらがな表記)」を説く天理教ですが、主に「もとのいんねん」を主軸において展開されています。

「もとのいんねん」に漢字を当てるなら「元の因縁」。

」には「物事の主要的な部分。根幹。基礎。(広辞苑第6版)」という意味がありますから、それまで説かれてきた「因縁」の基礎、根幹となる教えだということになります。

天理教=「もと」を明らかにする教え

そもそも、天理教の教理の特徴として、「これまでの宗教の、さらに根本的な教え」であることが挙げられます。

それはつまり、天理教は他の宗教が説くのと全く次元の違う、新しい世界観を構築する教えではなく、既存の世界観を支えてきた根源的なルーツを説く教えであるということ。

因縁」についても例外ではありません。天理教の立教は幕末でしたが、「因縁」という言葉は当時の庶民にとっても馴染みのある言葉でした。

すでに仏教用語から転じて、心学道話や慣用句としても使われていたからです。(慣用句例:因縁の戦い など)

しかし、天理教の聖典である『おふでさき』には、

いまゝでもしんがくこふきあるけれど
もとをしりたるものハないぞや (3-69)

『おふでさき』第3号

と、心学道話や古記(言い伝え)に説かれていたとしても、「元」を知っている者はいない(=神のみぞ知る)ことを記されました。

この、神のみぞ知る「元の因縁」を明らかにするために、天理教は始まったのです。

「もとのいんねん」を明らかに

改めて先述の『おふでさき』を眺めてみますと、この聖典の冒頭部分は、「もとのいんねん」を明らかにすることの宣言から展開されていきます。

よろつよのせかい一れつみはらせど
むねのハかりたものハないから (1-1)

そのはづやといてきかした事ハない
なにもしらんがむりでないそや (1-2)

このたびハ神がをもていあらハれて
なにかいさいをといてきかする (1-3)

このところやまとのしバのかみがたと
ゆうていれどもハしろまい (1-4)

このもとをくハしくきいた事ならバ
いかなものでもみなこいしなる (1-5)

きゝたくバたつねくるならゆてきかそ
よろづいさいのもとのいんねん (1-6)

『おふでさき 第1号』

万代の世界一列、つまり全ての時代・全ての世界において誰も知り得なかった「もとのいんねん」を、訪ねてくる者には言って聞かせよう、と、このような宣言をもって、天理教の教えが説かれていくのです。

「もとのいんねん」について

それでは、結局のところ、「もとのいんねん」とはなんなのか。

この疑問の答えは、天理教における人間創造の神話である「元の理」にて明かされた全ての人間の存在根拠に求めることができます。

ただ、この「元の理」は非常に読解が難しいので、ここでは以下の『おふでさき』を引用して考察を深めます。

月日にわにんけんはじめかけたのわ 
よふきゆさんがみたいゆへから (14-25)

『おふでさき』 第14号

これは以前にも記事にもしましたが、天理教において「人間」という存在は、親神様の「人間が陽気ぐらしを営む姿を共に楽しみたい」という思召しに縁って生起した存在です。

人間は「陽気ぐらし」を営むために生まれ、今も親神は人間を「陽気ぐらし」に導こうとしている。

この神と人間の関係性こそ「もとのいんねん」なのです。全ての現象はこの「もとのいんねん」に立脚しているというのが、天理教の教理の根幹でもあり、重要なポイントだと僕は思います。

Ⅲ.それぞれの比較

過去・現在・未来にわたって、善行は善を、悪行は苦を成すという「因縁」の教理。

もちろん、天理教は「もと」を明らかにしただけで、「因縁」そのものを説かなかったわけではありません。むしろ積極的に、前世の因縁論因果応報論を説いています。

このよふハあくしまじりであるからに
いんねんつける事ハいかんで (1-62)

せんしよのいんねんよせてしうごふする
これハまつだいしかとをさまる (1-74)

これからハよき事してもあしきでも
そのまゝすぐにかやしするなり (6-100)

『おふでさき』

いんねんというは心の道。

『おさしづ』明治40年4月8日

けれど、総じてこれらの「いんねん」は、「陽気ぐらし」というビジョンを共有している親神様と人間との「もとのいんねん」がベースになっていることをよく理解しておかねばなりません!

仏教の説く「因縁」と、天理教の説く「いんねん」の差は、この「世界の根源的な神の存在」にあるからです。

仏教の「因縁」と救済観

仏教の説く世界には、絶対的な唯一神はいません。全ての存在は、なんらかの原因・条件に縁ってそこに生じるものであるとしました。

この「縁起」の思想は輪廻説と結びつき、過去の「善悪の行為」を原因として、現在~未来における「苦楽の結果」を決定するという、宿命論的な「因縁」の教えとなりました。

よって、執着心を無くし、善悪や幸不幸という相対的な基準を超える価値観を手に入れることが仏教における「たすけ」の表れであるといえます。

しかしこの「因縁」、少し厳しい教えのように感じてしまうのは、僕の勉強不足なのでしょうか…。

例えば、僕の母親は41歳で亡くなり、僕自身も25歳で交通事故にあい大ケガをしました。これは、2人とも前世で良くない心遣いをした結果として受け止めるべきなのでしょうか?

もしそうだとしたら、やはりその厳しさには心が押し潰されそうになります。もし違うのなら、教えていただけると有難いのですが…。

天理教の「いんねん」と救済観

これに対し天理教は、まず「元の神・実の神」である親神の存在を明らかにしました。

その上で、「陽気ぐらし」こそが人間世界の目指すべき到達点であり、また全ての人間の存在意義であるとしました。

そして、それを願う親神と、導かれる人間との関係性を「もとのいんねん」として説いたのです。

ですから、どんなに辛く苦しく感じることにでも、そこには「親心」があります。僕らを「陽気ぐらし」に導こうとする親神様の救済への導きが。

もちろん、この温かい親心を遮ってしまうような個人的な「いんねん」もあるでしょう。しかし、天理教の信仰をするうえでは、すべての「因縁」の奥にある「もとのいんねん」を訪ねていき、心を勇ませることが大切です。

かみがでてなにかいさいをとくならバ
せかい一れつ心いさむる (1-7)

いちれつにはやくたすけをいそぐから
せかいの心いさめかゝりて (1-8)

『おふでさき』第1号

僕も母親を亡くしたときは辛かったですが、そこから大勢の人の優しさに触れ、自身もそんな人間でありたいと思ったことが、今の道に進むきっかけになりました。

もちろん雨の日も風の日もありますが、僕はこの「もとのいんねん」を考えるとき、心は不思議と勇んできます。

この「勇んだ心」を原動力にして、たくさんの人と仲良くたすけあう日々を過ごしていきたいです。

これからも、どうぞ「おぢば」でお会いした時は親しげにお声かけください。

悩みごとなどがあれば、聞かせてください。そのかわり、僕が困ったときはどうか助けてくださいね!笑

それではっ!

―参考文献―

  • 深谷忠政『天理教教義学序説』、天理教道友社、1977年。
  • 深谷忠政『教理研究身上さとし』、天理教道友社、1962年。
  • 澤井義次『天理教教義学研究 —生の根源的意味の探求』、天理教道友社、2011年。
  • 山口益『仏教聖典』、平楽寺書店、1974年。
  • 山折哲雄『仏教とは何か -ブッダ誕生から現代宗教まで-』、中公新書、1993年。
  • 久保田展弘『仏教の身体感覚』、ちくま新書、2010年。

タイトルとURLをコピーしました