#ふしから芽が出る | 『今日も信仰は続く』

#ふしから芽が出る

今日も信仰は続く

こんなときは、祈ろう。新型コロナウィルスとその騒動について

誰でもそうなんですが、人は不安に煽られ自分のことしか考えられなくなると、つい保身のために利己的な行動に出てしまうことがあります。だからこそ、心に余裕ができてくる「祈り」の力を伝えたいなと思いまして。
今日も信仰は続く

悩みって、結局「人と比べる」ことから出発しませんか?

こんにちは!『今日も信仰は続く』を運営している桑原信司です。 気軽に信ちゃん(@sh1n0329)って呼んでもらえたら嬉しいな。 今日は「人と比べて」落ち込んでしまう人のために、「どうやったら人と比べて落ち込まなくなるか」につ...
今日も信仰は続く

僕はそれが永遠の別れだとしても「また会いましょう」と告げる。|天理教の死生観について

人の死について考えるとき、いつも思い出す人はいませんか?今日はそんなときに心の支えになるような、天理教の死生観の教えについてです。
今日も信仰は続く

過去の傷跡だって魅力に変えていく、デニムのような心で|逸話篇26『麻と絹と木綿の話』より

色落ちして、ボロボロになって穴が空いたとしても、「カッコいい」と喜ばれるデニム。木綿を藍色に染め、綾織りにして作られるのがデニム生地ですが、僕もそんな前向きな人でいたいな、と思いまして。
今日も信仰は続く

人生の物語を作るのは僕たち自身だけど、次のページをめくるのは神様だと思う|ふしから芽が出る

「人の数だけ物語がある」としたら、僕たちは主人公であり、書き手でもありますよね。では、読者はいったい誰なのでしょうか。僕はきっと、神様だと思います。
今日も信仰は続く

あなたにとって信仰とはなんですか?——僕にとって信仰は「灯り」です

僕がなぜ信仰を大切にしたいのか、守り続けていきたいのか。人生を振り返りながら、答えていきます。
今日も信仰は続く

【#これが私の信仰のある暮らし02 福寄広之さん】おとあそびボランティア団体「EGAO」から、地域に「笑顔」をお届け!

第2回目のインタビュアーは、おとあそびボランティア「EGAO」の代表を務める福寄広之さん。天理教の教会長も務める彼の、暮らしに寄り添う確かな信仰のお話を聞いてきました!
今日も信仰は続く

交通事故で大ケガを負って、絶望していた僕を救った「魔法のコトバ」

母親を亡くしてからちょうど10年後の25歳のとき。僕はトラックと衝突し、意識不明の重症に。すぐにドクターヘリで病院に運ばれ、そのまま緊急手術。記憶が戻ったのは事故にあった2日後でした。今だから振り返る、人生を変えた過去の話。
今日も信仰は続く

僕が天理教の信仰をしているのは、亡くなった母親のような明るく優しい人になりたいからです

僕の信仰は教会の長男として生まれたときから始まりました。けれど、当時は「宗教を信じている人」に疑念や嫌悪感を表す人が増えていた時代。もれなく信仰から逃げ出すことを決意した高校1年生の僕にとって、母親の死は人生が180℃変わるような出来事でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました