進化し続ける「クラシック」。NewBalanceの新作「CM996」は旧モデル MRL996 とどう違う?

進化し続ける「クラシック」。NewBalanceの新作「CM996」は旧モデル MRL996 とどう違う?

ファッション

変わらない。だけど進化し続ける。

こんにちは!『今日も信仰は続く』を見ていただいてありがとうございます。桑原信司(@shin0329)です。

信ちゃん
信ちゃん

気軽に信ちゃん、って覚えてくれたら嬉しいな~!

以前からこのブログを読んでいただいている方にはお話していますが、僕は2年前の交通事故の影響で、今も右足に少し後遺症があります。

そのため、履き心地のいいスニーカーが手放せません。なかでも、歩きやすさに定評があるNewBalanceのスニーカーが大好き。

足の疲れ具合がね、本当にもう全然違うんですよ!

そんなNewbalanceから、またまた新作が登場。なんとあの不動の名作「MRL996」がついにアップデートされ、「CM996」と名前を改め発売されました。

僕もさっそく購入しましたので、詳細をレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

NewBalance CM996

こちらが生まれ変わった CM996 。 従来の人気モデル「MRL996」の買いやすい価格はそのままに、さらにオリジナルのMade in U.S.A.モデル「M996」に近づけた新作です。

996シリーズらしい、すっきりと細身なシルエット。色はすでにグレーの「CM997H」(写真奥)を持っているので、今回はネイビーを選びました。

このクラシカルな雰囲気とスマートなルックスが、長年愛されてきた996シリーズの強みなのでしょう。幅広い世代の男性におすすめできます。

旧作「MRL996」からの改善点は?

2012年発売の「MRL996」から、約7年ぶりにアップデートされた CM996

その大きな改善点は、クッション性を高めるため、C-CAPという技術を搭載した、2層構造のミッドソールに変更されたことです!

C-CAP搭載「2層構造ミッドソール 」の採用

もともとMRL996のソールは「レブライト」と呼ばれる軽量素材で作られていました。

しかしこの CM996 のソールは、オリジナルのM996と同様に「C-CAP」という技術を採用した2層構造になっています。

これによりクッション性、安定性が向上し、履き心地はさらに良くなりました。

ちなみにインソール(中敷き)も、従来のEVAインソールからPUインソールに変更。これもクッション性と履き心地の向上に一役買っているそうです。

NewBalance CM997Hとの違いは?

はじめにも書きましたが、僕は同じ900番台である「CM997H」を所持しています。

発売当時から圧倒的な人気を誇る996シリーズに対し、昨年復刻され、じわじわと人気を集めている997シリーズ。

どちらにするかで悩んでいる方もおられると思うので、ここではどちらも持っている僕が、両者をじっくり比べてレビューしてみたいと思います!

それではいきましょう!

CM997との違い① Nロゴの大きさ

NewBalanceのスニーカーの側面についている「N」のロゴ。

その大きさが、996と997では違います。

左:CM997H 右:CM996

画像のように、CM996の方がロゴが若干大きく目立ちます。クラシックなタイプのモデル(574や1400など)に多く採用されているサイズですね。

CM997との違い② ソールの構造

歩きやすさを支える、NewBalanceのこだわりが詰め込まれた「ソール」。

この構造には、けっこう大きな違いがあります。

すでに書きましたが、CM996のソールは従来の1層構造から、「C-CAP」という技術を採用した2層構造へとアップデートされています。

CM996のソール

これに対し、CM997Hのソールは一体型。

CM997Hのソール

これが履いてみると結構「差」を感じます。

結論から言うと、CM996の方が軽くて歩きやすいです。ソールも弾力があって、地面を蹴って歩くことができるスニーカーだなと感じました。

逆にCM997Hは、ふかふかと包み込むようなソール。「疲れにくさ」でいうとこっちの勝ちかな。

996と997の違い③ 履いた時の見た目

履いたときの雰囲気も結構違いますよ。

わかりやすいように、左右の足でCM996CM997Hをそれぞれ履いてみました(笑)

やはりCM996(写真奥側)のシルエットはシャープです。ぼてっとしているCM997Hに比べて、大人っぽい雰囲気がありますね。

996と997の違い:まとめ

というわけで、2つのモデルを実際に並べたり履いたりして比較してみました。履き心地やデザインなんかは、どれも一長一短で、本当にいい勝負していましたね。

それでも、確実に差別化はされていることがわかりました。どちらもクラシックな雰囲気はそのままに、2層式ソールでシャープなシルエットを崩さず履き心地を高めたCM996と、厚みのあるソールでよりクッション性を向上させたCM997H

あなたはどちらに惹かれましたか?

僕はそうですね…やっぱり両方買って良かったなって思いました(笑)

看板モデルの、再出発

NewBalanceから996モデルが初めて発売されたのは、1988年。なんと今から30年以上も前に発売され始めたモデルになります。

しかし、その人気は衰えることを知らず、むしろ昨今のスニーカーブームを受けて今でも世界中で大人気。NewBalanceの看板モデルといってもいいでしょう。

でも、なぜ発売から30年以上経っても、これだけ多くの人に愛されているのでしょうか?

僕は、今回がそうだったように「クラシックな見た目はそのままに、スペックは最新の技術を取り入れながらアップデートしていくから」だと思いました。

まさに、歴史とテクノロジーのいいとこどり。きっとこの「CM996」も、最新のクラシックモデルとして、これからもたくさんの人に愛され続けるでしょう。もちろん、僕もその一人なわけで。

おっさんになっても、きっと履いているだろうな。そう思わせてくれるスニーカーでした。おすすめです。

ちなみに定番カラーは6種類。他にも、季節に合わせた限定カラーも販売されています!どれも見逃せませんね。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。信ちゃん(@shin0329)でした!

タイトルとURLをコピーしました