幸せになりたいのなら「相手の大切なものを大切にする」ことからはじめましょう | 『今日も信仰は続く』

幸せになりたいのなら「相手の大切なものを大切にする」ことからはじめましょう

信仰のある暮らし

こんにちは!『今日も信仰は続く』の桑原信司です。

気軽に信ちゃん(@sh1n0329)って呼んでもらえたら嬉しいな。

前回はアドラー心理学の「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という言葉を引用しながら、悩みの発信源が「人と比べてしまう」という心理であることを書きました。

そして、その心理状態を避ける手段として、①人生を主体的に生きる ことを掲げましたね。

今回は、人生を主体的に生きることを選択した人に贈る、次のステップ。

それは②社会における協調。ここにもいくつかのステップがあるのですが、今回はその最初の一歩を踏み出す「相手の大切なものを大切にする」心遣いの提案をさせていただきます。

今回もできるだけ、わかりやすく解説していきますね。

それではいきましょう!

スポンサーリンク

すべての喜びもまた、人間関係から

『嫌われる勇気』で一躍有名になった心理学者アルフレッド・アドラー。なかでも「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という言葉は、悩みを抱えている多くの人に衝撃を与えました。

ただ、この言葉にはこんな続きがあります。『嫌われる勇気』の続編、『幸せになる勇気』からご紹介しましょう。

すべての悩みが対人関係であるのなら、その他者との関係を断ち切ってしまえばいいのか? 他者を遠ざけ、自室に引きこもっていればいいのか?

それは違います。まったく違います。なぜなら、人間の喜びもまた、対人関係から生まれるのです。

『幸せになる勇気』より

アドラーの語る「すべての悩みは、人間関係の悩みである」という言葉の背後には、「すべての喜びもまた、対人関係の喜び」という幸福の定義が隠されているのです。

『幸せになる勇気』より

『幸せになる勇気』では、「すべての喜びもまた、対人関係の喜びである」ことを力強く主張しています。

確かに、すべての悩みが対人関係であるならば、自室に引きこもって誰とも関わらない暮らしは、すべての悩みが解決した最高に幸せな状態であるはず。

ところが、そうではないところが人間関係の難しさですよね。

結局のところ、僕たち人間の感情は、他者との関係性から生まれるものなんです。悩みも、喜びも、愛も、幸せも。

人生には避けられないタスク(課題)がある

ひとりの人間が社会で生きていくにあたって、やはり他者と関わることは避けられません。今日食べたご飯や、着ている服も、必ず生産者さんがいますから。

では、その「生きていくうえで避けられない人間関係」から、どうやって喜びを生み出すのでしょうか? また、逆にどうすれば悩みを抱える状態を避けられるのでしょうか?

これをアドラーはこれらを「人生のタスク(課題)」と捉え、いくつかの具体的な方針を掲げました。

詳しくは『幸せになる勇気』を読んでいただくとして、今回はその第一歩である「尊敬」について書いていこうと思います。

相手の大切なものを、大切にする

先日、こんな素敵な動画を見ました。

TEDxSapporo 2019に登壇された、酪農教育ファームのファシリテーターである金澤 睦司(かなざわ あつし)さんのお話。

金澤さんは人生の壁に直面し、孤独感を感じていた自分を救ってくれたのは、羊や牛といった動物たちだったことを明かし、彼らと触れ合うなかで「大事な人の大事なものを大切にすること」の大切さに気付かされたといいます。

大事な人の大事なものを大切にするということ | Caring for What Your Precious Ones Care | Atsushi Kanazawa | TEDxSapporo

この動画の中で印象的だったのは、親牛にとって大事な存在である子牛を大切にすることが、親牛との信頼関係を築くうえで非常に効果的だということ。

アドラーは「対人関係」において「他者の目で見て、他者の耳で聞き、他者の心で感じることを学ぶ」ことの大切さを説きましたが、なにも人間同士だけじゃなくて、羊や牛といった動物たちにも通じる心遣いなんだということに気付かされました。

もちろんこれは逆方向もあります。たとえば、飼い主である人間の子供を守ろうとするワンちゃんの動画なんかは、見ていて心がほっこりしますよね。

実際に僕が親であり、また飼い主であったなら、この光景ってどれくらい嬉しいんだろう。

相手の大切なものを、大切にする。

言葉でコミュニケーションができない動物たちとだって分かち合えるような、とってもシンプルな優しさ。きっとこれができれば、どんな生き物とだって仲良くなれるでしょう。

癖・性分をとりなされや

相手の大切なものを、大切にする。誰にでもできる、優しい心遣いです。

だけど、自分の価値観を大切にしすぎていると、ややもすれば忘れがちな心遣いでもありますよね。

「そんなことに意味があるの?」

「もっとこうあるべきだ」

「普通はこうでしょ?」

自分の価値観のほうが正しい。人はそう感じたとき、こんな言葉がつい口から出てきてしまいます。

どうしても言わなくちゃいけないときだってありますが、基本姿勢がこれだと相手と信頼関係を築くことは難しい。価値観は交換するものであって、押し付けるものではないんですよね。

まずは相手を知ること。そのうえで、相手を尊重し、受け入れること。

これを相手に求めるのではなく、勇気を出してこちらから迎え入れること。

信頼関係って、そうやって築いていくものじゃないでしょうか?

「すべての喜びもまた、対人関係の喜びである」。だとすれば、喜びの多い人生は心の癖・性分をとることからはじまるのかもしれません。

この世界を、共に生きるあなたへ

僕が信仰している天理教でも、対人関係をとても重視しています。

それは「世界一れつみな兄弟」という教えがあって、この世界に他人という概念はなく、みんな平等に兄弟であることを意識して接するように諭されているためです。

せかいぢういちれつわみなきよたいや たにんとゆうわさらにないぞや

(世界中一れつは皆兄弟や 他人と言うはさらにないぞや)

『おふでさき』13号 43 

僕は4人兄弟の長男ですが、妹や弟はやっぱり大好き。けど、彼らと同じくらい、僕は僕と関わってくれる人をもっと好きになりたい。

価値観を交換しあって、いろんな一面を知りたい。困ったときには頼らせてほしいし、僕からもあなたにとっての喜びをプレゼントしていきたい。兄弟ならね。

きっとこれからも、同じ時代を共に生きていく僕たち。

どうせなら「悩みを生み出しあう人間関係」ではなく、「互いにたすけあって、喜びを生み出しあう人間関係」を築きませんか?

僕たちが「幸せになる」ために。それではまた、次の記事でお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました