通勤・通学で大活躍するおすすめバックパック「アークテリクス マンティス26」のレビュー!アロー22との比較とか

通勤・通学で大活躍するおすすめバックパック「アークテリクス マンティス26」のレビュー!アロー22との比較とか

ファッション

やっぱり、バックパックが好き。

こんにちは!『今日も信仰は続く』を見ていただいてありがとうございます。桑原信司(@shin0329)です。

信ちゃん
信ちゃん

気軽に信ちゃん、って覚えてくれたら嬉しいな~!

僕は仕事柄、一泊二日くらいの短い出張が多くて。すると、以前ご紹介したBeauty&Youth UNITED AROWWS × 小松マテーレのバックパックだとやや容量不足なんですよね。

なのでずっと、ちょっとした旅行にも行けるくらいの容量があって、スタイリッシュなバックパックを探していたんです。

そんな僕のもとへやってきたのが、今回紹介するアークテリクス マンティス26。収納スペースが多く整理しやすいのに、スタイリッシュで背負い心地も抜群にいいという完璧なバックパックです。

愛用して1年くらいになりますが、本当におすすめなのでぜひ布教させてください!

Arc’teryx Mantis 26 [アークテリクス マンティス 26]
ARC'TERYX(アークテリクス)
スポンサーリンク

ARC’TERYX / MANTIS 26

こちらがARC’TERYX / MANTIS 26アークテリクス / マンティス26)。

色は黒を選びました。少し光沢のあるナイロンは汚れにも強く、多少の雨もはじくので天気に関係なく使えます。

アークテリクスのブランドロゴである、始祖鳥が刺繍されています。経年で剥がれてしまうプリント加工と違って、長年使用しても綺麗なのが刺繍のいいところですよね。

洗練されたクールなデザインが人気のアークテリクスのバッグの中でも、比較的に手に入れやすい値段のアークテリクス マンティス26

しかし、もともとは登山用品を扱うブランドだっただけに、その機能性は折り紙つき。特に ①高い収納力 背負い心地の良さ が抜群なんです!

Arc’teryx Mantis 26 [アークテリクス マンティス 26]
ARC'TERYX(アークテリクス)

マンティス26は「荷物の整理がしやすい」

みなさんはバックパックを購入するとき、なにを重視していますか?

僕は「整理のしやすさ」を重視しています。いくらデザインがおしゃれでも、整理がしづらい(スペースの数が少ない)バックパックだと、

  • 中身がごちゃごちゃしていてわかりづらい
  • 荷物が底の方に固まって取り出しづらい
  • 重心が下がって重く感じる
  • 型崩れしやすい

というデメリットがありますから。

でも、このマンティス26なら大丈夫。収納スペースが豊富なので「パソコンはここ」「着替えはここ」「充電器はここ」「財布はここ」…というかんじで、持ち運ぶ荷物にいつものスペースを用意することができるんです。

なので、「あれ~充電器どこにしまったっけ~!?」とか言いながら中身をゴソゴソすることもありません。

また、荷物が底の方にたまらない構造になっているので、背負ったときに軽く感じるんです!

これが他のバックパックとの「大きな差」を生みます。それぞれの収納スペースについては、以下に詳細と僕のおすすめの使い方を紹介していきますね!

①メイン収納

まずはここ。色は明るいグレーで視認性も良く、ガバッと開くので中身が簡単に確認できます。

底の方はティッシュボックスがすっぽり入る大きさ。安心感ありますね。

普段はここに着替え、資料や本、たまにお弁当なんかも入れます。それでもスペースには余裕があり、ちょっとしたお土産なんかも収納できますよ。

背面側にはPC用のスリーブがあります。

サイズは13インチのパソコンがスムーズに入るくらいかな。15インチだったり、ケースに入れたままだとキツいかもしれません。

②小物入れ

次は上部にある小物入れ。といっても、ボディバッグくらいの容量はありますが。

僕はここに車のカギや財布、モバイルバッテリーやイヤホンなど、こまごまとしたモノを収納しています。手軽に取り出せるので、すぐに使いたいものを入れておくのがおすすめ。

③サブ収納(左)

本体の左側からアクセスできるサブ収納は意外に容量があって、そこそこ大きなモノや、かさばるモノも収納できます。

僕はここにスタイリング剤や歯磨きセット、あとはガジェットポーチや延長コードなどをよく突っ込んでいますね。

④サブ収納(右)

さきほどの左側のサブ収納がそこそこ容量があるのに対して、右側のサブ収納は比較的に薄め。

ただ、本体の一番外側の収納になるので、iPadやKindleを入れるのは止めておいた方がいいでしょう。衝撃をモロに受けちゃうので。

僕は夏場だとタオルや洗顔シート、冬場は手袋やマスクなどを入れています。

両側にボトルホルダー

他にも、側面にはボトルホルダーがあります。

水分が欠かせない夏場は助かりますよね。バッグの両側にあるので、もう片方には折りたたみ傘を入れておくという使い方もできますよ。

荷物が増えても、スタイリッシュ!

マンティス26の収納力、整理力はいかがだったでしょうか? 出張や帰省など、荷物が多いときは本当に頼もしいですよ~!

荷物がたくさん入るのに、取り出したいモノにすぐアクセスできる感覚は、一度味わうと他のバックパックが使いづらく感じるレベルです(笑)

バッグの中がごちゃごちゃしてしまいがちな方は、ぜひ検討してみて下さい!

Arc’teryx Mantis 26 [アークテリクス マンティス 26]
ARC'TERYX(アークテリクス)

マンティス26は「背負い心地」も◎

マンティス26のいいところは、収納力だけではありません!「背負い心地の良さ」も抜群にいいです。

例えばここ。メイン収納のPCスリーブの上にあるチャックを開けると、頑丈なプラスチックの背面プレートが入っています。

これが型くずれを防いだり、PCを保護したり、背中の通気性をアップさせたりするんだそうです。

他にも、かなり肉厚でふかふかなショルダーストラップや、

背中に敷かれたクッション、

好みで締められるチェストベルト・ヒップベルトなど、

背負い心地を良くする機能が盛りだくさん。登山やキャンプなどのハードなアウトドアにも使える優秀なバックパックです。

いつかコイツを背負って登山してみたいな…!

Arc’teryx Mantis 26 [アークテリクス マンティス 26]
ARC'TERYX(アークテリクス)

アロー22とマンティス26の違いは?

さて、アークテリクスのバックパックといえば、「アロー22」も有名です。こちらは、街中でも背負ってる人ちょくちょく見かけますよね。

個性的なデザインがカッコいい!

そんな大人気モデル、アロー22マンティス26の違いってなんでしょう?

細かいところまで比べるといろいろな差がありますが、大きなポイントは「耐水性」と「値段」。僕なりに調べてきたので、まとめて比較してみます。

アロー22とマンティス26の差①「耐水性」

耐水性については、間違いなく アロー22 の圧勝ですね。こちらはファスナーや生地に耐水性の高い素材を使っている「完全防水」のモデル。たとえ嵐の中だろうが大切な荷物を守ります。

一方 マンティス26 は生活防水。小雨なら弾いてくれますが、大雨の日は染み込んでしまうことがあります。

ですから、会社まで自転車通勤の方は アロー22 のほうがいいでしょう。僕はだいたい車通勤なので、マンティス26 で全然問題ナシ。

アロー22とマンティス26の差②「値段」

これはバッグ全体に耐水性の高いパーツを使っているから仕方がないのですが、値段アロー22 の方が高いです。価格差はおよそ1万円ほど。

この価格差で「嵐にも耐える防御力」を買うかどうかは、住んでいる場所やライフスタイルによって変わってくるでしょうね。もちろんデザインの好みもありますが。

ただ、ひとつ言えるのは マンティス26 のコスパはめちゃめちゃ高いということです(笑)

Arc’teryx Mantis 26 [アークテリクス マンティス 26]
ARC'TERYX(アークテリクス)

ユーザー想いの、優秀なバックパックです

以上、僕が愛用しているアークテリクス マンティス26のレビューでした。

たくさんの荷物を整理しつつ収納できて、背負い心地も快適で、多少の雨も弾く頑丈なバックパック。コストパフォーマンスもかなり優秀です。

それなりに使い込んではいますが、劣化やダメージがほとんど見られないのも頼もしい。きっとこれからも活躍してくれるでしょう。

僕の自慢のバックパックです。迷っている人には、自信をもっておすすめしますよ~!

それではっ!

Arc’teryx Mantis 26 [アークテリクス マンティス 26]
ARC'TERYX(アークテリクス)

その他のバッグの記事はこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました