ユニクロ×エンジニアド ガーメンツの「フリースコンビネーションジャケット」レビュー。冬が待ち遠しくなる1着。

ユニクロ×エンジニアド ガーメンツの「フリースコンビネーションジャケット」を買いました。冬が待ち遠しくなる一着。

ファッション

こんにちは!『今日も信仰は続く』をご覧いただきありがとうございます。桑原信司です。

気軽に信ちゃん(@shin0329)って覚えてもらえたら嬉しいな。

あの「ユニクロ & エンジニアド ガーメンツ(UNIQLO and Engineered Garments)」の新作として、フリースを使ったコレクションが10月11日に発売されました。

UNIQLO and Engineered Garments 2019 F/W フリースコレクション

前回のポロシャツを使ったコレクションもめちゃくちゃカッコよかったのですが…今回は普段から愛してやまないUNIQLOのフリースとコラボということで、さっそく購入してきました!

僕が購入したのは「フリースコンビネーションジャケット」。購入を考えている人の参考になるようにレビューしたいと思います!

スポンサーリンク

エンジニアド ガーメンツについて

今回、UNIQLOとコラボしたエンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)は、日本人デザイナーの鈴木大器氏が手掛けるニューヨークの人気ファッションブランド。

アメトラ(アメリカン・トラディショナル)をベースとしながらも、ワークミリタリーの要素をミックスした、カジュアルだけどキチンと感がある端正なデザインが特徴です。

FASHIONSNSP.COMより引用

都会的な男らしさを追求した、クールなデザインが印象的ですね。

今回のコラボの対象はフリース

今回で2回目となるUNIQLOコラボは、今年で25周年になる「UNIQLOのフリース」を使ったコレクション。

左から「フリースコンビネーションジャケット」、「フリースプルオーバー」、「フリースノーカラーコート」、「フリースショールカラージャケット」です。

どれもエンジニアド ガーメンツらしい、無骨だけど端正なデザインがカッコいいなぁ~!

フリースコンビネーションジャケット

僕も正直「フリースプルオーバー」とかなり悩んだのですが、今回は「フリースコンビネーションジャケット」を購入しました!

色は一番クールな印象だったブラック。

毛足の長さが違う3種類のフリースと、ナイロンを組み合わせたパッチワークのようなデザインがおしゃれに仕上がっていますね。

一番の特徴は「同色のクレイジーパターン」

この、離れて見るとシンプルなフリースジャケットなのに、近くで見ると異素材切り替えで遊び心があるという、「同色のクレイジーパターン」がめちゃくちゃカッコいいですよね。

ブラックは写真だとわかりにくいのですが、実物は光の当たり具合によって表情に変化が生まれる、あのMBさんもイチオシのカラーです。

発売当日!ユニクロ×エンジニアドガーメンツ2019秋冬全型レビュー! より引用

しかもこれ、ナイロンに切り替わっている部分は、首回りや肩、ひじなど毛玉のできやすいところなんです。

特に肩がナイロンに切り替わっている点は、僕のように普段から車を運転する人にとっては嬉しい仕様。シートベルトが擦れて、毛玉になりやすいポイントですからね。

着心地のいいデザイン

また、あごにひんやりとしたジップの金具が当たるのを防ぐための「チンガード」もついています。アウトドア用のフリースジャケットだとほぼ必ず付いているデザイン。

首まわりの裏側は毛足の長いファーリーフリースなので、防寒性も確保されています。

なお全体的に裏側は、肌あたりのいいマイクロフリースと、毛足が長くてふわふわのファーリーフリースのコンビネーション。表側で使われているナイロンやボアフリースは使われていません。

これによって、しっかりとフリース本来の「着心地の良さ」をキープしています。

サイズ感について

おそらくですが、みなさんがきっと一番お悩みなのは「サイズ感」についてではないでしょうか?

僕( 170㎝ / 60㎏ )も店頭でいろいろと試しましたが、結局 Sサイズ を選びました。

あえてビッグサイズを選ぶのもアリですが、すでにオーバーシルエット気味にデザインされた商品なので、試着の結果「いつものサイズ」で大丈夫だと判断しました。

着画はこんなかんじ。肩幅やアームホールは結構ゆったりしています。着丈はジャスト。

UNIQLOのフリースは他に2着持っていますが、比べてみるとサイズ感は全然違いますね。全体的にゆとりがあって、ややオーバーサイズです。

着用してみるとわかりますが、「アウターとしてのフリースジャケット」という印象。登山用に購入を考えている人は避けた方がいいでしょう。

冬の街に、繰り出したくなる1着

そもそもフリースは、登山をはじめとするアウトドアのために作られたインナーで、基本的に高価なものという位置づけでした。

パタゴニアレトロX ジャケットや、ノースフェイスデナリジャケットなんかはそれですね。とっても素敵な商品だとは思うけど、今でも少し高くて、手が出しにくいです。

しかし今から25年前、これを日常着に落とし込んだのがUNIQLO。 発売以来、「UNIQLOのフリース」は爆発的なヒット商品となり、多くの日本人に愛されてきました。

アウトドアと街の境界はもちろん、世代も、文化も、国境さえも。ユニクロのフリースは、すべてを超えてきました。

UNIQLO公式サイトより引用

軽くて、温かくて、安いうえに着心地もいい「UNIQLOのフリース」。

だからこそ、日本中に同じフリースを着た老若男女が歩いています。 見知らぬおじいちゃんと被ってしまうなんてこともザラにあります(笑)

僕はそれがちょっと恥ずかしくて、フリースは基本的に部屋着として利用していたのですが…。

この特別なフリースなら大丈夫。むしろ、このフリースを羽織って街へ出かけたい。そう思わせてくれる逸品です。

理想的なコーディネートがこちら

僕としては、この写真のようにスウェットパンツやジーンズと合わせてラフに着たいです。無骨だけどクリーンな、男らしいアスレジャースタイルで。

Nikeのテックフリースパンツとも相性バツグンだろうな~!

寒くなるのが待ち遠しくなる、そんないい買い物をしました。

それではっ!

【朗報】コラボフリース、再入荷されるぞー!!

あっという間に売り切れたかと思いきや、メルカリやヤフオク、果てはAmazonですら高値で転売されまくっていた今回のコラボフリース…。

ところがなんと!フリースコンビネーションジャケット・フリースプルオーバー・フリースノーカラーコートが12月24日(火)に再入荷予定だそうです!

逃していた人にとっては大チャンスですね!間違っても転売ヤーから高値で購入しないように!!!

詳しくはUNIQLOオンラインストアの特別ページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました