あなたにとって信仰とはなんですか?—僕にとって信仰は「灯り」です | 『今日も信仰は続く』

あなたにとって信仰とはなんですか?——僕にとって信仰は「灯り」です

信仰のある暮らし

こんにちは!『今日も信仰は続く』の桑原信司です。

気軽に信ちゃん(@sh1n0329)って呼んでもらえたら嬉しいな。

今日は、僕にとって信仰とはなにか、どんな捉え方をしているのか、ということについてお話していきたいと思います。

ちなみに以前、「天理教の信仰って、具体的にどんなことするの?」という問いに答えるというテーマで記事を書いたことがありました。お時間があれば読んでください。

そして今回は、「信仰は、あなたにとってどういうものですか?」という問いに答えるという内容になっています。

信仰のある人も、信仰していない人も、どうぞお付き合いください。

スポンサーリンク

昔は、ただの家業にしか思っていなかった

自宅の玄関にて

そもそも、僕は教会の長男として生まれたので、生きている間はずっと「後継者」だったんですよね。

ですから、生まれたときから「信仰」という営みは日常のなかにありました。

ただ、それが息苦しいなと思い始めたのは中学生のころ。同級生と「将来の夢」について語り合ったり、学校の授業で職業体験をさせてもらったり、テレビで見たいろんな職業に憧れたりするなかで、

「僕は…大きくなったら家を継がなくちゃいけないから」

という責任感が、頭にこびりついて離れなかったんです。

だから、当時の僕に「あなたにとって信仰とはなんですか?」と聞いたら、きっと「しなくちゃいけないことです」と答えていたでしょう。

信仰を全否定するようなった高校生

ところが高校生1年生の秋、その価値観はガラガラと音を立てて崩れます。

家族の中で誰よりも信仰熱心だった、母親がくも膜下出血で亡くなったからです。

「ただの家業」にしか思っていなかったとはいえ、それでもなんとなく「神様はいるかもしれない」と思っていた僕でしたが、この日をきっかけに全否定するように。

あぁ、神様なんてやっぱりいないんだ。信仰って、くだらないな。

そう思いました。きっと、当時の僕に「あなたにとって信仰とはなんですか?」と聞いても、無視されてしまうでしょうね。

ただ、それ以上に現実は厳しくって。母を亡くした僕たち家族を待っていたのは、「普通に暮らすことの難しさ」でした。

暮らしのことは本当に母親に甘えっきりだったため、

  • 毎日、美味しいご飯を食べること
  • 洗濯された服がタンスに仕舞われていること
  • 家の中はきちんと掃除がされていること
  • 夕方になればお風呂が沸くこと
  • 間違ったことをすれば、叱ってくれる人がいること
  • 落ち込んだ時には、慰めてくれる人がいること
  • 頑張ったときには、褒めてくれる人がいること

数えればキリがないくらい、それまでの「当たり前」を失いました。

ですが、そんなピンチを迎える度に、たくさんの人が手を差し伸べてくれました。当時の思い出は、こちらの記事に詳しく書いていますのでどうぞ。

この経験がきっかけになって、僕はもう一度信仰と向き合うようになりました。

当時の僕に「あなたにとって信仰とはなんですか?」と聞いたら、なんて答えるかな。きっと「母のような人になれる教えです」って答えると思います。

交通事故にあって失ったもの

それからは、信仰から大切なことをいくつも学び、そして生き方に表していく「信仰のある暮らし」を送っていました。

が、25歳のとき、再びそれまでの価値観を大きく崩すような出来事に見舞われたのです。

それは、トラックとの衝突事故を起こし、生死の境をさまようという経験をしたこと。

なんとか命は助かりましたが、結果的に顔や体にたくさんの傷跡が残り、また右足には現在も軽度の障害が残っています。

それも今では受け入れることができているので、こうやって文章にすることができますが…当時はもちろん受け入れがたい現実でした。

変形した顔、動かない右足、そして母親の死因でもあった、くも膜下出血による後遺症。本当に悩み、嘆き、そして絶望しました。心は暗い闇で覆われて、希望を持てない日々を過ごしていました。

それでも、そんな絶望のなかから僕を救い上げてくれたのも「信仰」だったんですよね。当時の思い出は、こちらの記事に詳しく書いていますのでどうぞ。

どんな絶望のなかでも、灯る光

さて、ここまでは僕の人生を振り返ってきました。我ながら、なかなか壮絶な人生を経験させてもらったな、と思います。

だけど、苦しい過去や、辛い経験をしたのは、きっと僕だけじゃないはずですよね。誰にだって、生きているうちはどうしようもないくらい悩むこと、苦しむことがあると思います。

けど、心が暗闇に覆われて、絶望に深く沈んだときでも…僕には、母が残してくれた「信仰」というライフスタイルがありました。

辛いときは、教えを信じている人が、率先して僕の「心の支え」になってくれました。

苦しいときは、教えを通して、絶望のなかにも喜びや希望を見つけることができました。

だから僕にとって「信仰」は、どんな深い絶望の中にいても、喜びを照らし出し、冷えた心を暖め、そして喜べるほうへと導いてくれる強くて優しい「灯り」。

明るくて見通しのいい人生だと、案外気づかないものなのかもしれませんが、僕はこの先も消えないように、大切に守り続けていきたいです。

離さない このまま時が流れても

一つだけ小さな赤い灯を 守り続けていくよ

スピッツ「スカーレット」 / 作詞・作曲:草野正宗
スピッツ / スカーレット

そしてこれからは、自分にしてもらって嬉しかったことを、誰かにしてあげられるような人生にしたい。

たくさんの人の心に灯りを灯していきたい。

暗闇の中で苦しんでいる人の心を暖めたい。

その人の周囲にある喜びを照らしてみせたい。

僕はこれからも、胸に灯ったこの「灯り」を大切にしながら、引き続き「信仰のある暮らし」を送りたいと思います。

それではっ!

タイトルとURLをコピーしました