ANKERのモバイルバッテリーは、ガジェットの御守りにおすすめ!

ガジェットたちの御守りに。モバイルバッテリーとAC充電器が2in1の「ANKER PowerCore Fusion 5000」

買ってよかったモノ

この御守りに、どれだけピンチを救われたことか。

こんにちは。『今日も信仰は続く』を運営している桑原信司です。気軽に信ちゃんって呼んでくれたら嬉しいな。

このブログは「信仰のある暮らし」を提案するというテーマで運営していきたいのですが、これまでは信仰について語ることがほとんどでしたね。今日は暮らしにフォーカスを当てた記事にしてみたいと思います。

僕は上質な暮らしはそこまで求めていないけど、暮らしを快適で便利にしてくれる「モノ」に込められた、「みんなの生活を支えたい」「困っている人の役に立ちたい」という作り手の思いに心を動かされるときがあります。これは僕がモノを購入するかどうかを決めるとき、一番大切にしているポイント。

このカテゴリー「暮らしを彩るもの」はそんなポイントをしっかり押さえて、僕の暮らしを支えてくれる素敵な「モノ」たちを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

暮らしを彩るもの

現代で「あなたの暮らしに欠かせないモノはなんですか?」と聞かれたら、おそらくほとんどの人が「スマートフォン」と答えるのではないでしょうか。

電話やメッセージ、SNSなどのコミュニケーションツールとして使用するのはもちろん、カメラで記録を残したり、スケジュールを管理したり、音楽や動画を再生したり、ナビゲーションシステムを起動させたりと、あらゆるコンテンツがスマホ1台で完結できる時代ですから、もはや当然のことなのかもしれません。

ただ、高性能・多機能ゆえに心配になってくるのがバッテリーの管理。たいていのことはスマホでできるということは、スマホが使えなくなったときになにもできなくなるという危険性もはらんでいます。

だからこそ多くの人が保険としてモバイルバッテリーを購入していると思うのですが、僕が愛用している「ANKER PowerCore Fusion 5000」というモバイルバッテリーはとにかく優秀で、かれこれ1年くらいは愛用しています。

使い込んだ傷すら愛おしいくらい愛用中

先日そんな話をしていたら、「そういうのはもっと早く教えてよ!」と言われましたので、この記事を執筆することになりました。本当にいい製品なので、ゴリゴリに布教させていただきます

モバイルバッテリーあるある?

すでにモバイルバッテリーをお持ちの皆さんにお聞きしたいのですが、「スマホは充電したけどモバイルバッテリーの充電をし忘れたorできなかった」という経験はありませんか?

僕はたまに忘れてしまいます。スマホはないと困るので必ず充電しますが、モバイルバッテリーは日によっては使わなかったりするので、充電が習慣化されていないんですよね。


しかしこのANKER PowerCore Fusion 5000なら心配はいりません。

なぜなら、スマホを充電するついでに、モバイルバッテリーも充電できるから。この製品の最大の特徴は、モバイルバッテリーとAC充電器が合体して、1台で2役をこなすことなのです。

もっとも必要な2つの機能を1台に

この ANKER PowerCore Fusion 5000 には、モバイルバッテリーなのに折りたためるコンセントプラグも付いていて、コンセントに挿せばそのままAC充電器に早変わり。スマホの充電はもちろん、モバイルバッテリー本体の充電もそのまま行われます。

いつもこんな感じで使用中

いつもの充電器からこの製品に変えるだけで、朝起きたときにはスマホもモバイルバッテリーもフル充電できていて快適そのもの。あとはカバンに入れておくだけで、バッテリー消費を気にしないスマホライフを送れます。

また、コンセントプラグが折りたたるところもポイント高め。これが折りたためないタイプだと、カバンの中で他のものを傷つけることがあるので、素晴らしい気遣いだと思います。

ちなみにこれまでのモバイルバッテリー同様、microUSBケーブルを挿して充電することも可能です。機会はあまりないですが、USBポートが机に常設されたカフェ、シガーソケットチャージャーを装備した車内などでも充電することができます。

また、USB-Aポートが2つあるので、充電スピードはやや落ちるものの2台同時に充電することも可能。カメラやBluetoothイヤホン、タブレットやスマートウォッチなど、スマホ以外に複数のガジェットを持ち歩く人にとっても、頼りになる製品です。

スペックやサイズなど

気になるバッテリー容量は5000mAh。これはたいていのスマホは1~2回フル充電できる容量。決して大容量モバイルバッテリーとはいえませんが、僕としては1日に1~2回充電できれば十分なので、むしろ毎日使うモノとしてはちょうどいいと感じています。

大容量モバイルバッテリーだと充電が習慣化されないだろうし、サイズも大きくなるので「毎日持ち歩く」のも嫌になりそうだし。ちなみにバッテリーの残容量の確認は、本体のボタンを押せば3段階のインジケータで確認できます。

気になるサイズは 6.9cm × 7.1cm とコンパクト。しかし厚さが3cmとそこそこあります。ズボンのポケットには入るけど、シャツの胸ポケットには入らない、みたいな。そんな感じです(伝わりますように)

また、「ANKER」という日本のメーカーをおススメしたい理由として、保証とサポートが充実していて安心できるから、という点があります。以前モバイルバッテリーが爆発したという事故をニュースで見かけたこともあるので、やはり信頼できるメーカーの製品を買いたいですね。

まさにガジェットたちの御守り

音楽、写真、動画、読書、SNS、ゲーム——。あらゆるコンテンツがデジタル化され、スマホで手軽に楽しめるようになりました。あらゆる機能を集約させられるスマホは、暮らしになくてはならない存在になっています。僕たち庶民からすれば平成最大の発明品とも言えますよね。

僕にとってこのモバイルバッテリーは、そんな暮らしを支えるスマホの御守りのような存在。どんなに性能が良いスマホもバッテリー切れには敵いませんから、これからもずっとお世話になると思います。

それではっ!

タイトルとURLをコピーしました