ラフな日こそ、タフなデニム。coen ストレッチスキニーデニムクライミングパンツのレビュー!

ラフな休日には、タフなデニムパンツで。coen ストレッチスキニーデニムクライミングパンツのレビュー!

ファッション

ちょっとぐらい汚れたっていい。そんなラフな休日に履いていたい。

こんにちは!『今日も信仰は続く』を見ていただいてありがとうございます。桑原信司(@shin0329)です。

信ちゃん
信ちゃん

気軽に信ちゃん、って覚えてくれたら嬉しいな~!

だんだん軽快な服装が似合う季節になってきましたね。まだまだ気は抜けませんが、アクティブに過ごす日々が以前よりも少し増えてきたのではないでしょうか?

今日ご紹介したいのは、そんな「今日はお外で過ごそうかな」なんて日に履いてみてほしいパンツ。

僕自身、昨年からお花見やキャンプ、BBQや旅行などに愛用しまくっている、coen(コーエン)のストレッチスキニーデニムクライミングパンツです!

「ちょっとくらい汚れてもいいけど、作業服やジャージまではいいかな…」なんて日にピッタリな、デニム素材のクライミングパンツになります。WEB限定販売の商品なので、着用画像なども交えて細やかにレビューしていきますね~!

スポンサーリンク

コーエン ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ

さて、さっそくですがこちらが「coen(コーエン) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ」です。

信ちゃん
信ちゃん

僕はこの爽やかさに惚れ込んでサックスブルーを買いました!

他にもグレー、ブラック、ネイビー、コバルトブルー、ハイブリーチなどの他に、ステッチの色が金茶になったモデルやジョガーパンツになったモデルなど、カラー・種類ともにかなり豊富なラインナップで発売されています。

それもあってか、この「coen(コーエン) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ」の人気は高く、あのファッション通販サイトZOZOTOWNのデニムパンツ売り上げランキングでも絶えず上位入りしている「殿堂入り」なデニムパンツなんです。

クライミングパンツの「機能性」

この「coen(コーエン) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ」の最大の特徴は、クライミングパンツならではの様々な「機能性」。

膝のダーツや180度まで足を広げられれるガゼットクロッチ、片手で締められるウェイビングベルト、そして膝の立体裁断など、普通のデニムスキニーにはない便利な機能が盛りだくさんなんです。

180度開脚できる「ガゼットクロッチ」

ガゼットクロッチとは、スポーツパンツやクライミングパンツなどに見られる、機動性を高めるために股部分にあしらわれたマチのこと。「グラミチ」などで発売されている本格派のクライミングパンツには必ず付いているディテールですね。

この特殊な縫い方によって、なんと足を180度開脚しても突っ張らないんです!

信ちゃん
信ちゃん

ちなみに僕は100度くらいしか開脚できません(柔軟性皆無)

片手で調節可能な「ウェイビングベルト」

こちらもクライミングパンツの装備として開発された機能で、なんと片手で絞る・緩めるの調節ができちゃうベルトなんです!

絞るときは余ったベルトをギュッ!と引っ張るだけでいいし、バックルを傾ければスルスル…と緩くなります。余ったベルトはチラリと垂らせばアクセントにもなっていい感じ。

なお金属を使っていないので、海外旅行に行くときも便利です。空港の金属探知ゲートの前でわざわざベルトを外す必要もないですからね。

信ちゃん
信ちゃん

一昨年に台湾へ旅行に行ったときもお世話になりました!

台北・龍山寺にて

膝の立体構造

「膝」は日常生活ではもちろん、山登りではかなり酷使する関節ですね。だからこそクライミングパンツの膝には「ダーツ」、つまり立体構造が採用されていることが多いです。

もちろん「coen(コーエン) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ」にもしっかり反映されています。

このダーツのおかげで、膝の曲げ伸ばしが他のスキニーパンツに比べても容易ですし、いわゆる「膝抜け」もしにくくなっています。

スキニーデニムの「着こなしやすさ」

男性がおしゃれに洋服を着こなそうとしたとき、デニムのスキニーパンツはとっても頼りになるパンツです。「デニム」はどんなコーディネートにもマッチするし、「スキニー」は細身なのでスタイルをよく見せることができますからね。

その例として「coen(コーエン) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ」を使ったコーディネートをいくつか紹介していきます。

コーディネート例の紹介

黒パーカー×黒スニーカー

たとえば、ゆったり目のパーカーや黒のスニーカーとあわせても、ボトムがスキニーだと都会っぽくてクールな印象になります。

出典『WEAR

シンプルで男らしいコーディネートですね。

白Tシャツ×白スニーカー

こちらは、これからの季節によく映える、シンプルな白Tシャツと白スニーカーを合わせたコーデ。

出典『WEAR

アイスブルーの色味が爽やかな印象を与えてくれますね。

黒コート×グレースニーカー

意外にも、こんな綺麗めのコートにも似合います。冬は暗い色ばかりになりがちなので、明るい色のボトムスはとくに映えますね。

グレーのスニーカーとの相性もいいかんじです。

このように「coen(コーエン) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ」はわりと1年中、しかも幅広いコーディネートに使える便利なボトムスなんです。

サイズ感について

ちなみに僕は 170㎝ / 60㎏ の標準~やや細身の体系で、UNIQLOならウェスト76㎝のボトムスを購入しますが、この「coen(コーエン) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ」もSサイズを選びました!

履いてみた感想は「思ってたよりも細い」です。笑

とはいえ、ストレッチもかなり効いていますし、ふくらはぎにはピタッとフィットするのですが、太ももにはわりと余裕があるので「動きにくい」とは思わないですね。

僕の手持ち服でいえば、Nikeのテックフリースのサイズ感にかなり近い印象です。

ですから僕(170㎝ / 60㎏)よりも身長や体重が大きい人や、ゆとりをもって着用したい人はサイズをあげるか、本家である「グラミチ」のクライミングパンツがもう少しゆるっとしたサイズ感なので、そちらがいいでしょう。

値段が倍くらいしますが(笑)

まとめ:1本あると便利

というわけで、アウトドア用の機能的な「クライミングパンツ」と、着こなしの幅が広がる「デニムスキニーパンツ」の良さがミックスされた「coen(コーエン) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ」をご紹介しました。

まさに「ラフに過ごしたい日に最適なアウトドア用パンツ」ってかんじの1本です。

値段も「グラミチ」の半額以下だし、デニム素材なので汚れにも強く、色落ちやダメージといった「経年変化」も楽しめます。普段使いはもちろん、BBQや音楽フェス、キャンプや海外旅行用に持っておくと便利ですよ~!

それではまた、次の記事でお会いしましょう。信ちゃん(@shin0329)でした!

タイトルとURLをコピーしました