信仰のある暮らし | 『今日も信仰は続く』

信仰のある暮らし

暮らしに「信仰」があると、日常はどんなふうに変わるのか。
そんな些細な変化を記録するために、ここでは暮らしのなかで僕が感じたことや、気づいたことを書いています。

今日も信仰は続く

【ご報告】天理教教会本部にて、結婚式を挙げました

私事で大変恐縮ですが、結婚のご報告をさせていただきます。ふたりの出会いと、これからの抱負も合わせて。
今日も信仰は続く

教会長資格検定講習に来ています! スケジュール例やおすすめの持ち物、かかった費用などの情報まとめ

天理教の教会長になるための資格を取得するために、教会長資格検定講習を受講しました!事前にネットで調べても情報があまりなかったので、スケジュールや受講料金など、気になるポイントをまとめておきます。
今日も信仰は続く

生きる意味がない人間なんて1人もいない、ということだけは強く強く主張させてください|#元の理

「生きる意味がない人間なんて、この世に一人もいない」。僕は心からそう信じています。僕の信仰している神様が、ハッキリとそう教えて下さっているからです。
2020.09.20
今日も信仰は続く

劣等感(コンプレックス)や自己嫌悪は、こんなふうに捨ててしまえばいい|#かしもの・かりもの

自分に自信がない、人と比べてしまう…そんなときは「こころ」と「からだ」の認識がミスっているのかもしれません。かしもの・かりものの教えを手がかりに、ズバっと解決していきましょう。
2020.09.15
今日も信仰は続く

What’s in my bag? 28歳宗教家の「カバンの中身」を公開します

天理教を信仰しながら、ミニマリスト的な暮らしをしている僕の「カバンの中身」を公開します。
2020.08.14
今日も信仰は続く

SNSでの誹謗中傷に悩む人たちに、僕が宗教家として伝えたいこと|逸話篇135『皆丸い心で』より

2020年はコロナショックもそうですが、多くの芸能人が自殺した年でもあったと思います。その原因とされることの多い「SNSでの誹謗中傷」について、宗教が訴えられるものとは?
今日も信仰は続く

天理教本部神殿、見学してみませんか?拝観料やアクセス、駐車場などの基本情報のまとめページはコチラ!

奈良県天理市にある天理教教会本部は「いつでも誰でも参拝OK」「拝観料無料」という、ちょっと珍しい(?) 神殿になります。近年は一般の方のご参拝も増えてきたので、基本的な情報をまとめてみました。
今日も信仰は続く

宗教とお金の話をしようか。天理教の教会に生まれ、信者さんの献金で育てられた僕が思う「お供え」の意義

「宗教」と「お金」は強く結びついているイメージであることが多いですよね。でも、実際はどうなんでしょうか。天理教の教会で生まれ育った僕が思う「お供え」の意味を少し書いていきます。
2020.07.30
今日も信仰は続く

【#これが私の信仰のある暮らし04 妹尾 智昭さん】ドナーになって骨髄を提供したのは、「人助け」の教えを信じているから。

第4回目となった今回は、骨髄バンクにドナー登録し、実際に提供手術を受けた妹尾智昭さんの「信仰のある暮らし」を紹介します。なぜ骨髄バンクに登録しようと思ったのか、実際に提供してどうだったか…などを聞いてきました!
2020.09.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました