今日も信仰は続く | 『今日も信仰は続く』

今日も信仰は続く

今日も信仰は続く

たとえどんな別れでも、僕は「また会いましょう」と告げる|天理教の死生観と「出直し」の教理について、わかりやすく。

天理教では「亡くなる」ことを「出直し」と表現します。それはなぜかというと、生まれ変わりを信じているから。僕が人との出会いを大切にする理由も合わせて、わかりやすく解説してみました。
今日も信仰は続く

【ボランティアとどう違う?】天理教の「ひのきしん」について、わかりやすく。

天理教を信仰していて、いちばんよく聞かされる教えとして「ひのきしん」があります。よく「まぁボランティアみたいなものですよ」というかんたんな説明がされますが、一度しっかりとご説明したいな、と思って書きました。ひのきしんとボランティアの決定的な違いとは…?
2020.07.06
今日も信仰は続く

宗教とお金の話をしようか。天理教の教会に生まれ、信者さんのお供えで育てられた僕が思う「お供え」の意義

「宗教」と「お金」は強く結びついているイメージであることが多いですよね。でも、実際はどうなんでしょうか。天理教の教会で生まれ育った僕が思う「お供え」の意味を少し書いていきます。
2020.07.06
今日も信仰は続く

キリスト教、イスラム教、仏教の禁忌(タブー)をまとめたら、天理教がいかにゆるいかがよくわかった

天理教を信仰していることを打ち明けるとよく聞かれるのが「天理教ってやっちゃいけないこと、ありますか…?」という質問。結論から言うと「ないです」となるのですが、せっかくなので世界三大宗教のキリスト教、イスラム教、仏教と比較してみました。
2020.07.02
今日も信仰は続く

天理教の朝夕のおつとめについて、わかりやすく。【太鼓がうるさいのは、ホントにごめんなさい】

いやぁホント、申し訳ないっす。 こんにちは!『今日も信仰は続く』にお越しいただきありがとうございます。桑原信司(@shin0329)です。 信ちゃん 気軽に「信ちゃん」って覚えてもらえたら嬉しいな~! 今日は、全国にある天理教の教会が毎日執り行う「おつとめ」という祭事について、わかりやすく解説しま...
2020.07.01
今日も信仰は続く

【後編】未来の住職塾NEXTの講師・松本紹圭さんが指摘する、仏教の現状と「お寺の二階建て構造」について

先日、未来の住職塾NEXTの一日体験教室に行ってきたので、そこで学んだことをみなさんにシェアしつつ、僕の感想をアップしたいと思います。前後半に分けて、手軽に読めるようにしましたので、ぜひ!
今日も信仰は続く

【前編】未来の住職塾NEXTの講師・松本紹圭さんが指摘する、仏教の現状と「お寺の二階建て構造」について

先日、未来の住職塾NEXTの一日体験教室に行ってきたので、そこで学んだことをみなさんにシェアしつつ、僕の感想をアップしたいと思います。前後半に分けて、手軽に読めるようにしましたので、ぜひ!
2020.04.11
今日も信仰は続く

執着心を捨てるのは難しいから、定期的に「払う」ことが大切なんです|八つのほこり「ほしい」について

こんにちは!『今日も信仰は続く』の桑原信司です。 気軽に信ちゃん(@sh1n0329)って呼んでもらえたら嬉しいな。 僕が信仰している天理教には、守らなければいけない「戒律」のようなものはありません。親神様は、人間が「自分の意志」を持つことを尊重してくださっていますから。 ただ「この感情...
今日も信仰は続く

”早起き”との違いは、そこに「貢献感」があるかどうか|天理教の「朝起き」について、わかりやすく。

「朝起き」とは「朝さっと起きてすぐに行動することだ!」と倫理会で聞いたことがありますが、本当にそれだけ…?と感じましたので、教義からのアプローチで探ってみました。私見ですが、やっとすんなりと心に治めることができたと思います。
2020.07.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました